RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価企業マクドナルド】コロナワクチンの職域接種開始後に、各店舗が相次ぎ一時閉鎖

職域接種が実施されているマクドナルドで、各地の店舗の従業員が次々とコロナに感染し、店舗の一時閉鎖が相次いでいることが明らかになりました。

マクドナルドの店舗情報によりますと、ここ2週間の間に96店舗でコロナ陽性者が出ており、店舗の消毒のために1日から2日の間、臨時休業しているとのことです。

○マクドナルド 店舗の営業状況について

コロナワクチンには、酸化グラフェンと呼ばれる有毒物質が含まれており、ワクチン接種を受けることで、コロナと似たような症状が現れることが分かっていますので、マクドナルドの従業員もワクチン接種によってコロナのような症状が出ているに違いありません。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

マクドナルドは、先日YouTubeにアップした対談動画で述べている通り、悪魔崇拝儀式で殺戮した子供たちの遺体を回収し、その子供たちの肉をハンバーガーのパティとして加工し、客に提供していることが明らかになっています。

このように日頃から幼児や少女の大量虐殺に関与しているため、自社の社員をワクチンによって殺戮することにも何のためらいもないのでしょう。

しかも、マクドナルドの業務は誰でも簡単にできる単純作業ですので、一人死んでも代わりの人員がいくらでも配置でき、営業に支障が出ることもありません。

○【完全解明】三浦春馬の死の謎 創価学会と少女売春の闇

マクドナルドは優良企業を装って、その裏では幼児誘拐、性的虐待、虐殺、そしてワクチンによる人口削減を行う悪徳企業ですので、なるべく利用しないことが賢明だと言えます。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment