RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【長野】松本歯科大でコロナワクチンを2回接種した学生・大学関係者の9割に発熱などの副反応、7割が学校を休む

, …

長野県塩尻市の松本歯科大学で、21日から2回目のコロナワクチンの職域接種が始まりました。

同大学では医療従事者枠を使い、いち早くコロナワクチン接種を受けた学生たちのうち9割が、2回目の接種で発熱などの副反応を訴え、7割が接種を受けた次の日に学校を休んだことが明らかになっています。

同大学の宇田川信之歯学部長は、「2回目でかなりの副反応があった。接種部位の腫れ、発熱、頭痛、けん怠感、ひどい関節の痛み、吐き気、下痢の症状があった」と述べています。

若い世代がコロナワクチン接種を受けると、特に重篤な副作用が出ることが判明しており、中でも心筋炎を起こした場合は、一生回復することなく、心臓の機能が低下し、いつ心臓発作に見舞われるか分からない状態となります。

○ファイザーやモデルナ製ワクチン接種後、心筋炎を発症する若い男性が想定以上に続出 これでも“陰謀論”と言えるのか?

WHOも、すでに若い世代にはワクチンを接種すべきでないと発表しています。

○WHOが18歳以下の若者はコロナワクチンを接種すべきでないと発表するも、日本の政府もマスコミもガン無視

存在しないコロナのためにワクチンを接種し、健康被害を被り、死んでしまっては元も子もありません。

コロナワクチンの危険性を深く理解し、例え同調圧力があったとしても、絶対に接種を受けるようなことがあってはいけません。

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

○ファイザーワクチンの接種者が、耐え難い神経痛、リンパ腫の腫れ、筋力低下、痙攣、失神、下半身麻痺、排尿困難、月経異常などを発症したと訴える

コメントを書く

*
*
* (公開されません)