RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【超絶ブラック体質】創価企業パナソニック、口止め料4000万円で早期リストラに着手

【超絶ブラック体質】創価企業パナソニック、口止め料4000万円で早期リストラに着手

創価企業・パナソニックが、バブル入社組をダーゲットにしたリストラに着手していることを発表しました。

希望退職者には、上限額4000万円もの割増退職金を加算するとのことで、破格の大盤振る舞いだとメディアでは報じられています。

パナソニックでは、管理職に昇格した社員のほとんどが年収1000万円以上を手にしており、高齢化した人材が管理職クラスに滞留することによって、企業の成長が妨げられていると社内では問題視されてきたようです。

今回の早期退職制度の拡充について、パナソニックは表向き「人員削減を目的としたものではない」としていますが、バブル入社組を標的にした壮絶なリストラであることは明白です。

さらに同社は、“超絶”ブラック体質であることでも知られており、その腐敗した実態をメディアからも度々批判されてきました。

当サイトでも、パナソニックが組織ぐるみで集団ストーカーを行い、創価学会の利益を損ねる人物や組織を叩き潰してきたという実態を明らかにしました。

○組織ぐるみで集団ストーカーをする創価企業「パナソニック」の卑劣な実態

パナソニックは、熱心な創価信者である松下幸之助によって設立され、創価学会の後押しによって現在のような大企業へと成長を遂げてきました。

しかしその実態は、社員いじめが横行し、集団ストーカーによって社員を監視する超絶ブラック企業だったのです。

○パナの社員身上調査は集団ストーカーがやっている!!

パナソニックの子会社でも、数多くの社員が卑劣な嫌がらせを受け、退職に追いやられていることが明らかになっています。

今回、リストラの標的とされているのは50代以上の社員のようですが、彼らは長年同社に勤務してきたため、集団ストーカーを行ってきたパナソニックの実態について詳しく知っているに違いありません。

そういった社員を強制的にリストラしてしまうと、外部に秘密を漏らす社員が出てきてしまう恐れがありますので、パナソニックはこうして希望退職者を募った上で、“口止め料”として上限4000万円の割増退職金を加算することにしたのでしょう。

いずれにせよ、集団ストーカーに加担するような企業など、この先、まともに社会に貢献できるはずもありませんので、彼らの卑劣な実態がさらに広く世間に知れ渡り、一刻も早くこの世から消滅することを祈るばかりです。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By RAPT理論を広げましょう

    NATO対中国戦に参戦。第三次世界大戦開戦へ
    https://u23news.hatenablog.com/entry/2021/05/16/113042

    RAPTさんは第三次世界大戦はどう思いますか。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment