RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価信者・三浦瑠璃の売国発言に国民はドン引き

三浦瑠璃が国会にて、「中国人や外資に日本の不動産を購入させて、相互依存を深めよ」と進言したことが話題になっています。

三浦瑠璃は、創価系の出版社「第三文明」などに出ていることから、創価信者であることが明らかになっています。

創価学会を創設した人物らが、中国共産党の設立を後押ししたという歴史があり、今でもその蜜月関係はつづいています。

中国共産党は、創価学会と李家によって設立されたわけですが、彼らはこの日本の土地や企業を買収して乗っ取ろうとしています。

三浦が今回のような発言をしたのも、創価と中共がグルになって日本を乗っ取ろうとしていることを暗示しています。

ネット上では、三浦瑠璃の話し方や言葉の訛りから、中国人ではないかと疑う人たちも出ています。

現在、中国人(李家)は北海道の土地を爆買いしていますが、その中国を手引きしているのが、創価学会であることも判明しています。

メディアでもてはやされ、注目される知識人や御用学者たちには必ず何か裏があります。

三浦瑠璃も創価学会のコマとして、数々のメディアに出演してきましたが、至るところで創価学会の醜悪さが露呈してしまっている今、彼女の主張に耳を傾け、賛同する庶民は一人もいないでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment