RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【やはり影武者】小池百合子が復帰後初の定例記者会見に登場するも、早くもゴムマスクだとバレる

東京都の小池百合子知事は2日、過労による入院から復帰して初めてとなる定例記者会見を開き、コロナ対策や東京五輪開催が迫る時期に入院したことを陳謝し、「今ほど重要な時期はない。都庁職員の総力を挙げて山積する課題に全力で取り組んでいく。どこかでバタッと倒れるかもしれないが、それも本望だと思ってやり抜きたい」と決意を述べました。

しかし、この定例記者会見に出席した小池百合子が、ゴムマスクを被った影武者であることが直ちに判明しました。

耳の手前に不自然なたるみができており、明らかにゴムマスクを被っている形跡が見られるからです。

ここまで小池百合子の影武者説がネット上で大きく騒がれているにもかかわらず、未だにこうして堂々と影武者を使うということは、やはり小池百合子が死亡した可能性は高いと言えるでしょう。

小池百合子は現在69歳で、今年の7月15日で70歳を迎えますが、イルミナティに属する俳優やミュージシャンの多くが69歳で死亡しており、彼らは皆、生贄儀式の一環として殺されてしまったのではないかと噂されています。

○69歳で亡くなった人

また、小池百合子は蟹座ですが、蟹座のマークは「69」を横に倒した形をしていることから、小池が死ぬ時期はイルミナティによって初めから定められていたのではないかとも言われています。

コロナ茶番や人口削減計画が予想以上に上手くいかないため、小池百合子もその責任を取らされて殺されたのかも知れません。

あるいは、イルミナティ同士の内部争いに巻き込まれて殺されてしまった可能性もあります。

いずれにせよ、メディアの前に登場する小池百合子は偽物に過ぎませんので、私たちは彼女の言うことに耳を貸す必要もなく、指示に従う必要もありません。

コロナ対策や自粛要請など一切無視して、自由な生活をさらに取り戻していきましょう。

○【死亡確定か】リモートで公務に復帰した小池百合子都知事が全くの別人

○小池百合子の死亡がほぼ確定 テクノシステムの巨額詐欺事件にも関与の疑い

コメントを書く

*
*
* (公開されません)