RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【監視社会の到来】日本政府、ワクチンパスポートを7月下旬から発行

コロナワクチンの接種を証明する「ワクチンパスポート」について、加藤官房長官は午前の記者会見で、実務を担う自治体との調整やシステム改修などを進めていると説明したうえで、発行が始まるのは今月下旬になるとの見通しを示しました。

既にアメリカではワクチンパスポート禁止の方向で動いていますが、日本政府はそうした世界の動きに反して、ワクチンパスポートの導入を強行しようとしています。

○アメリカで反コロナの動き強まる 22州でマスク着用義務解除、12州でワクチンパスポート禁止

庶民へのワクチン接種が予想以上に進まないため、強硬手段に出ることにしたのでしょう。

現在、政府はワクチンパスポート導入に関してパブリックコメントを募集していますが、多くの国民が反対意見を寄せており、Twitter上でも多くのユーザーがワクチンパスポートの反対を訴えるコメントを投稿しています。

もし、ワクチンパスポートが普及するようなことがあれば、国内外問わず、接種していない庶民には行動制限が課せられ、海外に行けないどころか、国内のお店や施設にも入れないという事態にもなりかねません。

○Yahoo!ジャパンのアンケートで「コロナワクチンを打っていない」「打つ予定はない」と66%の人が回答

また、ワクチンパスポートには庶民の行動を監視、人流をコントロールする目的もありますので、プライバシーは完全に侵害され、まさに本格的な監視社会が始まることになるでしょう。

このような政府の横暴によって、私たちの庶民の行動が制限されたり、生活が苦しめられることがないよう、コロナ茶番の黒幕である李家や創価学会の滅びを強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment