RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価島】石垣島の来島者は、陰性または接種証明が必要に

石垣市の中山義隆市長は21日、市内で記者会見し、コロナ感染拡大防止のために7月以降、空路による来島者に対して72時間以内のPCR検査、もしくは抗原検査による陰性結果の提示か、ワクチンの接種証明の提示を求める考えを示しました。

さらに市は、7月1日から当面の間、要件を満たした人が市内の飲食店などで料金割引などのサービスを受けられる「あんしん島旅プレミアム・パスポート」を発行する予定としています。

こうして石垣島でいち早く「ワクチンパスポート」を彷彿とさせる条例が定められたのは、石垣島が創価学会と密接に繋がっているからに他なりません。

沖縄県はもともと創価学会の信者の割合が多いことで知られていますが、石垣島も同じように創価学会の信者数が多く、現地では創価の悪口はタブーとされています。

しかも、石垣島の中山義隆市長は、堀江貴文と驚くほど瓜二つです。

石垣島の中山義隆市長(左)と堀江貴文(右)

ですから石垣市長も、紛れもなく群馬人脈の一員であると考えられます。

○堀江貴文も群馬人脈であり、青山家や李家とズブズブだった!!

このように石垣島は、創価学会と群馬人脈によって支配されており、だからこそコロナワクチンによる人口削減に積極的だということです。

もっとも、この条例に強制力はなく、必ずしも守る必要はありませんが、石垣島がカルト創価学会に汚染された場所である以上、最初から旅行先として候補に入れない方が賢明だと言えるでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)