RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【分断して統治せよ】尾身会長「(五輪を)今の状況でやるというのは普通はない」菅「黙らせろ」

政府のコロナ感染症対策分科会の「尾身茂」会長は3日の国会で、今夏の東京五輪開催について「今の状況でやるというのは普通はない」との見解を示し、2日の国会でも「そもそも五輪をこういう状況のなかで何のためにやるのか。それがないと、一般の人は協力しようと思わない」と述べ、開催を強行しようとする政府の姿勢を強く批判しました。

これに対し、創価とズブズブの田村憲久厚労相は、「(尾身氏の)自主的な研究成果の発表という形で受け止める」と、尾身会長の発言をバカにし、一蹴しました。

○田村厚労相が尾身茂会長の提言を「自主的研究」と発言 SNS上で批判も

○茂木健一郎氏、尾身茂会長をバッサリ「一体何の『専門家』なのか。道徳か?」

さらに、今回の尾身会長の発言に対し、菅首相は「黙らせろ。専門家の立場を踏み超え勘違いしている。首相にでもなったつもりなんじゃないか」などと激怒し、政府関係者に当たり散らしているとのことです。

○「黙らせろ」尾身会長の”謀反”に菅首相が激怒 意地の張り合いで権力闘争が激化 

菅首相は、もともと御用学者として尾身会長をそばに置いていたわけですが、その御用学者がいざ自分に都合の悪い発言をすると、直ちにその意見を切り捨て、自分の都合のいい話だけを聞きたがっているようです。

もっとも、尾身会長自身も厚生官僚を経て、WHOの西太平洋地域事務局名誉事務局長などを歴任した医療業界のドンですので、コロナが嘘だと知らないはずがありません。

○Wikipedia-尾身茂

したがって、両者はどちらも私たち庶民のことを思って争っているわけではなく、片や五輪で儲けたい創価人脈におもねり、片やコロナで儲けたい創価人脈におもねって、争いを演じているに過ぎません。

○コロナ便乗スマートシティで儲けたい楽天・三木谷会長 五輪開催を痛烈批判 「自殺行為だ」

あるいは、イルミナティの「分断して統治せよ」という信条をそのまま踏襲しているだけかも知れません。

〇イルミナティに関する幾つかの考察。

本来、国会は日本をより良い方向に導くために議論が行われる場だったはずですが、今やイルミナティの醜い口論を見せつけ、国家の品位を低下させる場へと成り下がってしまいました。

彼らのように庶民を食い物にする悪人どもが、一刻も早く滅び去るように強力にお祈りしなければなりません。

○【やはり医師会はコロナが嘘だと知っている】横浜市医師会の水野会長、緊急事態宣言下で何度も宴会を開く

○米政府が日本渡航中止勧告 ロスチャイルド本家(秦氏)が東京五輪中止を目論む

○イギリス政府で働く科学者が「コロナ騒動は茶番だった」と認める!! ロスチャイルド本家の勢力挽回か?

○【医師は皆コロナが嘘だと知っている】コロナ禍の中、日本医師会会長が政治資金パーティーを発起

○【やはりコロナは嘘だと知っている】外出自粛を強要した日本医師会・中川会長がお忍びデート

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment