RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【石原ファミリー】河野太郎大臣、政治資金規正法違反の疑い

河野太郎ワクチン担当大臣の後援会が開催している「バス旅行」の収支が、約10年間にわたって政治資金収支報告書に記載されていないことが発覚し、「政治資金規正法違反」の疑いが強まっています。

問題のバス旅行は、コロナ以前に毎年1回行われており、毎回講演会関係者が200名ほど集まって、関東近郊に日帰り旅行に出かけるというもので、参加費は1万円前後、計200万円程度のイベント規模だったそうです。

このバス旅行には、河野太郎本人は参加しないものの、代わりに河野事務所の秘書が「世話役」としてバスに同乗し、旅行先が都内の場合は、国会や霞が関に寄り、河野太郎が旅行客を出迎えて挨拶することが通例となっていました。

また、事務所の秘書だけでなく、河野太郎の妻もサービスエリアなどで待機し、参加者に挨拶をして回ることもあったそうです。

このように、河野太郎本人や妻、事務所関係者が関わっている以上、このツアーはれっきとした河野太郎の「政治活動」にあたります。

しかし、このバス旅行の収支は、10年近くにわたって一度も政治資金収支報告書に記載されていない上、旅行を主催する「河野太郎後援会」は、政治団体としての届出も出していませんでした。

識者によると、バス旅行は政治活動に当たるため、河野太郎に関係する政治団体に収支が記載されていない場合、「政治資金規正法上の不記載」に問われる可能性もあるとのことです。

河野事務所は、この問題について「関係政治団体からの収支がないことから計上を行っていません」と回答しており、自分たちは全く関係がなく、あくまで後援会の問題としています。

一方で、地元後援者は、「実は10年程前まで『河野太郎後援会』は政治団体として登録されていました。それが『河野太郎事務所』と名前を変えた上に解散。代表は太郎さんの秘書でした」と証言しています。

つまり、河野太郎事務所と後援会は、元々一つの団体だったというわけで、事務所側が無関係と言って押し通せるような問題ではありません。

これまで、河野太郎は、創価学会を後ろ盾にTwitterなどでもてはやされてきましたが、今回のスキャンダルによって早くも政治家の地位が脅かされる事態となっています。

河野太郎はTwitter上では、ユーモアのある人柄を装っていますが、こちらの記者会見を見ていただくと、彼がいかに傲慢かつ冷徹極まりない人物であるかがよく分かります。

もっとも、人間らしい心が少しでも残っていれば、ワクチンを使って全国民を殺戮しようとは思うはずもなく、河野太郎こそ正真正銘の“サイコパス”と言っても過言ではありません。

Twitter上では、創価学会の工作員と思しき連中が河野太郎を持ち上げるようなツイートを未だに多数投稿していますが、そのようなミスリードに騙されてはいけません。

彼のような悪徳政治家が一刻も早く滅び、腐敗しきった政界が浄化され、国民のためのまともな政治が行われる日が来ることを願うばかりです。

○【石原ファミリーの親戚か】日本版ビル・ゲイツの河野太郎、ワクチン休暇導入で接種を強要

○【一億総接種】ワクチンで日本人を皆殺しへ 河野太郎ファイザーと合意発表

○河野太郎 国民の意見に一切耳を傾けないとTwitterで意思表示

コメントを書く

*
*
* (公開されません)