RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価同士でヤラセの喧嘩 中田敦彦とシバター舌戦

YouTuberのシバターが、中田敦彦の「顔出し引退撤回」について動画で言及したのをきっかけに、現在、中田敦彦とシバターが互いの動画で低レベルな批判合戦をしています。

中田の相方である藤森慎吾までもが参入し、シバターに対して「あいつ(中田敦彦)は人間じゃない、人の皮をかぶった悪魔だ」「俺はお前以上につらい思いや苦しい思いをたくさんしてきた」などと警告し、コラボを持ちかけているようです。

言うまでもなく、今回のこの騒動は、単なる創価信者同士のヤラセです。

中田もシバターも創価信者であることが既に明らかになっており、こうして仲間同士で喧嘩した振りをして、話題作りをしようとしているに過ぎません。

特にシバターは、自他共に認める熱心な創価信者で、パチスロを打つときに必ず池田大作の顔写真を脇に置き、願掛けをしていることで知られています。

しかもシバターは、池田大作と顔が似ていることから、池田の隠し子であるとまで噂されています。

一方の中田敦彦も、創価学会とズブズブであることは、これまで何度もお話してきました。

○【李家・創価のダブルコンボ】中田敦彦が“顔出し”引退を撤

また、二人の茶番に割って入った藤森慎吾も、李嘉誠と福田康夫の若い頃にそっくりで、同一人物ではないかと見紛うほどです。

ですから藤森も、間違いなく李家と福田家の血を引いた上級国民です。

また、中田敦彦の妻である福田萌も、幼い頃の顔が福田康夫によく似ていることから、福田家の一族であることは間違いありません。

そして李家も福田家も、どちらも520人の死者を出したJAL123便墜落事故の犯人でもあります。

そんな悪なる連中が、YouTube上で互いにバカ騒ぎし、さらなる人気獲得を目指しているわけですが、彼らの正体がバレてしまった以上、その人気は今後ますます衰えていく一方でしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)