RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【UUUM】ワタナベマホト、児童買春・ポルノ禁止法違反で逮捕

元YouTuber・ワタナベマホトは、昨年11月にSNSを介して出会った女子高生にスマートフォンで裸の写真を撮って送らせていたことが発覚、ついに逮捕されました。

ワタナベはUUUMに所属していましたが、今年1月21日、元欅坂46メンバーで女優の今泉佑唯との結婚、今泉の妊娠を報告をした同日に、女子高生にわいせつ写真を要求していたことを暴露されて引退に追いやられました。

結婚発表と同時にスキャンダルを暴露されるなんて、日頃どれだけ周囲から恨まれていたのだろうかと思うしかありません。

人気YouTuberのほとんどが、上級国民で何か問題を起こしてもすぐに復帰できるような仕組みとなっておりその実態が広く知られるようになりましたので、仮に今後ワタナベが復帰できたとしても誰も見向きしないでしょう。

また、ワタナベが所属していたUUUMは、上級国民だけをトップYouTuberに仕立て上げる創価企業だということが明らかになっています。

googleが創価企業で、YouTubeはその子会社です。そのため、YouTubeと業務提携しているUUUMも当然、創価企業ということになります。

UUUM最高顧問のヒカキンは、大本教の出口王仁三郎にそっくりで、はじめしゃちょーは宗武志にそっくりです。

そしてワタナベは、李玖の幼い頃の顔によく似ています。

さらに、UUUMの顧問・鳩山玲人もまた出口王仁三郎にそっくりです。

YouTubeでは、ほんの一部の上級国民しか人気を獲得することができず、庶民が少しでも注目されようものなら、大量の悪口コメントを送りつけたり、再生回数やチャンネル登録者数を勝手に操作して下げたりと悪質な手口で叩き潰そうとしてきます。

このような仕組みの中で、上級国民・ワタナベマホトは特別に優遇されてブレイクしてきたわけですが、ついに裁きが下りました。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment