RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

楽天監督のデーブ大久保、コロナワクチン2回目接種後に心筋梗塞で生死の境を彷徨っていたことが発覚

元プロ野球・楽天監督のデーブ大久保が13日、自身のツイッターを更新し、心筋梗塞で「生死をさまよった」と告白しました。

デーブ大久保は、ちょうど2ヶ月前に2回目のコロナワクチンを接種しており、本人もワクチンの副作用によるものだと認識しているようです。

また、接種前にはワクチンの危険性を懸念していたようで、迷いながらも接種に臨んだようです。

しかしマスコミは、案の定、デーブ大久保がワクチン接種していたことには一切触れず、ツイッター上でもワクチンとの関連性を否定するような工作ツイートが多数投稿されています。

デーブ大久保は、奇跡的に一命を取り留めたものの、ワクチンの毒素が体内から排出されない限り、いつ急変するかもわからない状態で今後も生きなければなりません。

また、ワクチンの危険性をある程度知っていながら接種したということは、球界内での同調圧力がかなり強いということを意味しているのでしょう。

そして、公表されてないだけで、実は多くの有名人たちがワクチンの副反応を発症し、活動できなくなっている可能性があります。

ワクチンの危険性に関する情報は、もう十分過ぎるほど揃っていますので、これ以上自ら命を捨てるような行為に走る人が出てこないことを心から願うばかりです。

○【またも中日】平田良介外野手が、異型狭心症・頭部や左手首のしびれ・ぜんそくを発症し完治せず コロナワクチンが原因との憶測広まる

○中日ドラゴンズ・木下雄介投手がコロナワクチン接種後に「重篤」危機 人工呼吸器をつける厳しい状況

○中日ドラゴンズ谷元圭介選手が7月に体調不良で交代後、一度も登板なし‥死亡した木下選手と同じくワクチン接種が原因か

○プロスポーツ選手のコロナ対策専門家・三鴨広繁が3回目接種を推進 中日の職域接種説明会を担当し、選手をワクチンで次々と殺害

○カナダやアメリカの看護師らが暴露「病院はコロナ感染者ではなく、ワクチンの副反応に苦しむ人たちで溢れている」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment