RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナ茶番終了へ】李家の「北野武」までもが「コロナは流行り風邪になって収束する」との見解を示す

北野武が26日放送のテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」で、今後のコロナの影響について「俺が思うのは完全にはコロナってのはなくならないと思うんだよね」と話した上で「人の生活にはコロナは必ず毎年のように出てくると思うんだけど、流行り風邪のような状態になるのが、一応、収束の感じになるんじゃないのかね」と述べました。

また、「インフルエンザに比べて、コロナってのは感染が強いのは分かるけど、年間何万人が死んでいると思うと、結構、インフルエンザのすごい流行していた時より少ない気がして…」とも語り、コロナはインフルエンザよりも被害が少ないことについても指摘しました。

これまで北野武は、ワクチンを2回接種したとアピールし、コロナ茶番に積極的に加担してきましたが、ここに来て「コロナはただの流行り風邪になって収束する」と、他の専門家と同じ見解を示し、庶民の恐怖心を煽ることをやめたようです。

○アストラゼネカ製ワクチンを開発した教授が「コロナは最終的に風邪の一つになる」との予測を発表 やはりビル・ゲイツの死刑判決の影響か

○デンマークに続きノルウェーでもコロナ茶番終了 日本もようやく緊急事態宣言解除に向けた動き ビル・ゲイツ死刑によりコロナ茶番完全終了へ

○【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで

北野武は、朝鮮近代文学の祖と言われる「李光洙(イ・グァンス)」の血筋である上、出口王仁三郎と共に大本教を広く普及させた「出口なお」の血も引いているため、イルミナティの中でも特に核心的な人物だということが分かっています。

そしてイルミナティは、出口王仁三郎の予言通りの世界に作り変えるために、コロナ茶番を起こし、人口削減を実施してきたこともRAPT理論によって既に解明されてきました。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

そんな北野武がコロナの収束を匂わせるような発言をしたということは、イルミナティは本当にこのまま「コロナは弱毒化し、ただの風邪になった」と言って、茶番を収束させるつもりなのかも知れません。

そして、これもまたビル・ゲイツに死刑判決が下ったことが大きな要因であることは間違いないでしょう。

〇【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで

このようにイルミナティの核心人物までもが次々と茶番から離脱しているわけですが、卑劣極まりない人口削減計画に関与してきたことに変わりはありませんので、彼ら悪人ども全員に厳正な裁きが下ることを心から祈ります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment