RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家・群馬人脈への裁き】アントニオ猪木、闘病生活で見る影もない姿に

アントニオ猪木は12日、自身のYouTubeチャンネルで腸捻転の手術をしたことを明らかにしました。

猪木は2019年に政界を引退して以降、日に日に衰え、昨年7月には自身のTwitterで、難病の「心アミロイドーシス」に冒されていると告白しました。

その後も猪木は闘病生活の様子をずっとYouTubeで紹介してきましたが、その姿は一目では猪木と分からないほど、すっかり窶れ果ててしまっています。

以下の画像は、2019年に撮影されたものですが、2年足らずで恐ろしいほど変貌を遂げてしまいました。

そんなアントニオ猪木もまた、実は李家(群馬人脈)と密接な関係にあることが分かっています。

○アントニオ猪木 と 福田赳夫

猪木は、第8代自民党総裁で、清和政策研究会初代会長の「福田赳夫」からいたく可愛がられていたそうで、福田の実弟である「福田宏一」も、格闘家としての猪木の後援会会長を務めていました。

福田家は群馬出身であり、「福田赳夫」は、韓国初代大統領の「李承晩」に、福田の息子「福田康夫」は「李嘉誠」にそれぞれ似ています。

つまり彼らは皆、李家の血筋である可能性が高いわけです。

しかも猪木は、福田赳夫の愛弟子で、第19代自民党総裁・清和会第4代会長「森喜朗」とも親交が深かったようですが、その森喜朗もまた李家の血筋であることが分かっています。

https://twitter.com/rplaktyqavcwfhh/status/1137487658144358401?s=21

ですからアントニオ猪木も、李家の一員である可能性が高いと言えるわけですが、彼の輝かしい活躍も、結局は李家のバックアップによるものだったということです。

しかしそんな猪木も、今では見る影もない姿へと変わり果ててしまいました。

このようにして神様が次々とイルミナティに裁きを下し、滅ぼしてくださっているということです。

私たちは今後より一層、皆で心一つにしてイルミナティに滅びを強力にお祈りし、李家による悪の連鎖を完全に断ち切っていかなければなりません。

○群馬県は幼女虐待、カニバリズムが今でも行われる呪われた地

○トヨタもヘンリ・キッシンジャーも李家かつ群馬人脈 庶民を家畜と見なし人口削減する彼らのおぞましき実態

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment