【癌は存在しない】李家の宮本亜門が、人間ドックから癌手術までの流れを自ら演じ、庶民を洗脳

演出家の宮本亜門は2019年2月に、テレビ番組の企画で「人間ドック」を受けた際、「前立腺ガン」だと診断され、その後、前立腺を全摘出する手術を受けています。 しかし、「ガン」という病気は存在せず、「人間ドック」や「健康診断」はただ健康な庶民を病院送りにして、法外な医療費をぼったくり、抗がん剤で殺戮するための医療システムに過ぎないことが既にRAPT理論によって暴かれています。 ですから、宮本亜門が「ガン」について語ったことは、すべて真っ赤な嘘ということになります。 ○RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編) ○RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編) 〇癌という病気は存在しないと断言で…