RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【デンマーク】アストラゼネカ社ワクチン使用中止の会見中に担当者が倒れる

デンマーク政府は14日、アストラゼネカ製ワクチンの使用を中止すると発表しましたが、その会見中に、医薬品庁局長を務める女性が突然倒れました。

一時、会場は騒然となりましたが、保健当局のトップの男性が直ちに応急処置したため、大事には至らなかったとのことです。

女性が倒れた件に関して、ネット上では「アストラゼネカ社製品への不信感がさらに増す出来事だ」「ワクチンが原因では?」など、様々な憶測が広まっています。

デンマーク政府がアストラゼネカ社のワクチン使用を中止したため、同社から恨みを買い、保健当局の女性に毒が盛られた可能性も十分に考えられます。

アストラゼネカ社は創価企業ですから、創価学会の教理に従い、創価の利益を損ねる者たちを「仏敵」として攻撃した可能性は非常に高いです。

これまで創価学会は、法を犯してでも、自分たちにとって不都合な企業や人物を苦しめることを是としてきました。

彼らはそんな狂った思想の持ち主です。

また、会見を開いたデンマークは、古くから創価学会と密接に繋がっており、特に南デンマーク大学は池田大作に名誉教授の称号まで与えています。

デンマーク王室は古くから日本の皇室と交流がありますし、現在の皇后雅子は池田大作の隠し子だとも噂されています。

そんなところから、デンマーク王室と創価学会との繋がりは深くなっていったのでしょう。

 世界で2番目に古いデンマーク王室と世界最古の日本皇室

今回の出来事を受けて、ネット上では「横にいた男性の応急処置が素晴らしかった」「女性が倒れたのは、貧血や疲労などが原因だろう」と、的外れなコメントやツイートが数多く寄せられています。

こういったツイートやコメントは、事の真相を煙に巻くための創価信者による隠蔽工作、もしくは攪乱工作だと考えられます。

このように今回のこの事件にも、やはり創価学会が絡んでいると考えられるわけですが、会見中の女性が倒れたことで、創価企業アストラゼネカ社に対する不信感がますます高まっていくことは間違いありません。

創価学会に与した国や企業は、常にこのような形で最終的には裁かれるのです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)