RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

Facebook、Google、Amazon、ディズニーがコロナワクチン接種の自社インフラを構築

Facebookは、米カリフォルニア州メンローパークの本社にコロナワクチン接種センターを設置することを明らかにしました。

最高執行責任者のシェリル・サンドバーグは、ワクチン接種が増えるにつれ、希望の光がもっと強くなると語っていますが、これだけコロナワクチンで多くの人が死亡したり、副反応で苦しんでいるのに、その実情を全く無視しています。

○【猛毒】コロナワクチン接種2回目で副反応が大幅増加

さらにGoogle、Amazon、ディズニーも、もう既にワクチン接種の自社インフラを構築することを決定しているそうです。

これらの企業は、全て創価企業であるということが明らかになっています。

Facebookのマーク・ザッカーバーグは、創価の手先である習近平と家族ぐるみの仲なのだそうです。

私たちは、コロナパンデミックが創価学会によってでっち上げられ、創価関連企業がワクチンや治療薬などでボロ儲けしようと企んでいることを知っています。

しかし、ネットの情報に疎いお年寄りなどは、ワクチンが素晴らしいものだとすっかり騙され、喜んでワクチンを接種しています。

そのような人たちが一人でもコロナの噓、ワクチンの危険性に気づけるよう、真実を知っている私たちが続けて根気強く情報発信していかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)