RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【イタリア】ワクチンに対する不信感 高まる 接種で過失容疑も

アストラゼネカ製のコロナワクチンに対して、深刻な副作用の懸念が広がる中で、欧州各国では接種を中断する動きが相次いでいます。

その中でも、イタリアでは接種後の死亡をめぐって、犯罪容疑が持ち上がっています。

ある海軍将校が、アストラゼネカ製ワクチンの接種を受けてから、数時間後に急死したことが発端となり、シチリア島の都市シラクサの検察官は、医師2人、看護師1人に対して過失致死容疑で捜査を開始しました。

また、ガエタノ・ボノ検察官は、同じアストラゼネカの製造ロットのワクチン数万回分を、イタリア全土で差し押さえるよう命じています。

ワクチンが毒であることは、すでに様々な国や地域で証明されており、アメリカ国内ではワクチン接種後の死亡件数は、1170件にも上っています。

欧州で問題になったアストラゼネカは、創価企業で、公明党のバックアップを受けていることが明らかになっています。

そもそもコロナパンデミックを仕掛けたのは、創価学会であり、ワクチンを製造する創価企業は、これによって莫大な利益を得てきました。

コロナウイルスは嘘であり、ワクチンを打つ必要は全くありません。

現在イタリアでは、反ワクチン意識が高まっており、検察官たちの捜査によって、国民のワクチンに対する不信はどんどん高まっています。

ワクチンに効果はなく、有害であるという事実が拡散されないように、創価企業のGoogleやTwitterなどが次々と言論弾圧し、悪あがきしていますが、このようにイタリアをはじめ、世界各国で、着実にワクチンに関する正しい情報が広まっています。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment