RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【秦氏による出雲側への攻勢】トランプ支持者による新SNS「GETTR」誕生 仕様はTwitterそっくり

ドナルド・トランプ前大統領のシニアアドバイザー、ジェイソン・ミラーが立ち上げたSNSアプリ「GETTR」の公式版が1日、App StoreとGoogle Playストアで公開されました。

正式な立ち上げは、独立記念日の7月4日としており、日本語にも対応しているとのことです。

「GETTR」は、秦氏・ロスチャイルド本家サイドによって立ち上げられた「Twitter」のクローンとも言えるSNSですが、こちらが問題なく運営されれば、コロナは嘘だという情報や、ワクチンの危険性について弾圧されることなく拡散される可能性があります。

また、「GETTR」は、中国共産党に反発し、アメリカに亡命した「郭文貴」の支援も受けているらしく、中国共産党の汚職や腐敗についての情報も拡散されるのではないかと噂されています。

これによって、李家による日本の乗っ取り工作などのウラも次々と暴かれ、群馬人脈をはじめとした出雲側の計画が頓挫する可能性も出てきました。

「GETTR」の言論の自由度によっては、言論弾圧のひどいTwitterよりも普及する可能性がありますが、先ずはどれぐらいの人々が利用し、どのような情報が投稿されていくかが注目されるところです。

このように秦氏と出雲族の争いは、いつまで経っても終わりがなく、今後もリーク合戦を繰り広げながら、互いに潰しあって滅んでいく運命にあるようです。

○【またも秦氏と出雲の争い】創価企業GAFAを対象にした「デジタル課税」導入をG7が決定

○【出雲と秦氏の争い】SNS規制をめぐり創価企業(Google、Facebook、Twitterなど)がフロリダ州を提訴

○アメリカが中国ハイテク企業5社の製品を認証せず 親中派のバイデンがなぜか反中姿勢を強化

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment