RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【100年前のスペイン風邪もイルミナティによる人口削減計画だった】スペイン風邪はワクチンによって捏造され、患者はアスピリンで殺された

, …

1918年から20年にかけ、世界的に流行した「スペイン風邪」は、当時の世界人口の3割にあたる6億人が感染し、4,000~5,000万人もの死者を出したと言われています。

そしてスペイン風邪も、コロナと同じようにワクチンによって感染者がねつ造されたことが判明しています。

1900年代、アメリカではロックフェラー医学研究所の出資により、各製薬会社が細菌性髄膜炎の感染予防を目的としたワクチン開発を行い、アメリカ兵を使った人体実験が行われました。

○ロックフェラー家は10年前からコロナパンデミックを計画していた!!

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

ワクチンの被験者は600万人に上ると言われ、その後、兵士以外の一般庶民にもワクチン接種が実施されました。

その後、世界中でもスペイン風邪のワクチン接種が行われ、接種した人だけが次々と死亡していったと言われています。

○【ワクチン投与を受けた人のみが死亡!】1918年のスペイン風邪の真相

さらに、スペイン風邪の治療にアスピリンが有効だと発表されましたが、それとほぼ同時期に死者がさらに増大しています。

アスピリンが有効だと海軍やアメリカ医師会が発表したと同時に、死者が増大しています。

つまり、イルミナティは今から100年前にも、コロナと同じ手口で大規模な人口削減を行っていたというわけです。

彼らは私たち庶民を家畜(ゴイム)と見なし、虫けらのように殺戮しようと考えています。

しかし、イルミナティは同じ手口を繰り返すことしか能がないため、今回のコロナパンデミックは即座に茶番だとバレてしまいました。

それでも彼らは、未だに私たち庶民にワクチンを打たせようと悪あがきしていますので、この真実をより一層拡散し、できるだけ多くの尊い命を守っていかなければなりません。

○【イルミナティによる人口削減計画】日本政府に課せられたコロナワクチン接種のノルマは6000万人 元東大阪市議会議員が暴露

○ロシア公共放送が、ビル・ゲイツやローマクラブによる人口削減計画について大々的に報道

○イルミナティが人口削減について会議している映像がネット上に流出

○トヨタもヘンリ・キッシンジャーも李家かつ群馬人脈 庶民を家畜と見なし人口削減する彼らのおぞましき実態

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment