RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ワクチンの危険性を語る 米ベン・タッパー医師の告発

アメリカのベン・タッパー医師が、ワクチン接種の危険性と政府や製薬会社(ファイザー、モデルナ)の悪事について告白したことが話題になっています。

ベン・タッパー医師は、父親とともに数十年という歳月をかけてワクチンの危険性について研究してきたと言います。

この告発の中で、ワクチン接種によって子供を失った人が大勢いることや、ファイザーが多額の賄賂をばら撒いて医師を買収していること、ナイジェリアの子供たちを、親の同意なしで人体実験に利用していることなどが語られました。

またワクチンの中に、中絶した胎児の細胞株や断片、DNAやタンパク質が使われていることも明かされています。

このたった数分間の説明を聞くだけでも、ワクチンがどれほど危険なものであるかがよく分かります。

過去の記事を通して、何度もワクチンが危険であるということをご紹介してきましたが、ベン医師と同じように、ワクチンの危険性を訴えている人たちが世界中に大勢います。

イルミナティたちはコロナワクチン接種によって人口削減計画を推し進めており、日本でも12日から高齢者に対するワクチン接種が始まっています。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

しかし、何度もお伝えしているように、コロナウイルス自体が存在していませんので、わざわざ危険なワクチンを打つ必要はありませんし、打つべきではありません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)