RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナ患者は金ヅル】アメリカでコロナ感染者とみなされた人たちが、入院費用として平均833万円、重症化の場合3300万円も搾取されていることが判明

, …

アメリカでコロナ感染者とみなされ、入院した場合の平均的な費用は、約75,000ドル(約833万円)で、重症化して人工呼吸器の利用や集中治療室への数日間の収容を要すれば、約30万ドル(約3,300万円)以上に達することが明らかになりました。

アメリカは日本と保険制度が異なるため、医療費の大部分を自己負担しなければなりません。

そのため、民間の保険に加入する必要があるわけですが、その場合でもコロナ治療費として、入院を必要としなくても平均1000ドル(約11万円)を支払う必要があるとのことです。

そして現在、コロナ感染者と見なされている人たちのほとんどがワクチンを接種し、副反応を発症した人だと判明していますが、ワクチンで人為的に病気にさせられた上、莫大な医療費までぼったくられているというわけです。

○「コロナで死亡した人は一人もいない」ハワイの医療従事者が、病院内でのコロナ患者捏造・コロナ死偽装の実態を内部告発!!

○【コロナ茶番のカラクリ】厚労省が「ワクチン接種後に発熱した人は、コロナに感染している可能性がある」と庶民を脅し、検査を受けさせて感染者を捏造していることが発覚

しかし、皆保険制度のある日本でも、コロナで入院した場合、数十万円の自己負担を余儀なくされるケースが多発していますので、決して他人事とは言えません。

○ファイザー製コロナワクチンの副反応で倒れた49歳女性 2度のICU治療と入院で費用は100万円超(保険適用後でも自己負担40万円)

このように「コロナに感染すると莫大な医療費がかかる」と報道すれば、無料のワクチンを打って少しでも感染リスクを抑えたいと思う人も出てくるかも知れません。

しかし、ワクチンを接種することで、後にコロナ感染者と見なされる可能性が格段に上がる上、まともな生活を送ることのできないほどの障害を負うか、最悪、死に至る恐れすらありますので、単にヤブ医者たちの格好の餌食となるだけです。

しかも、この日本ではワクチン接種の副反応で病気になったり死亡したりしても、ほとんどが接種との因果関係を認められていませんので、数十万円では済まないほどの、高額な治療費やその他の諸費用を支払わなければなりません。

もう既にコロナ茶番は収束に向かっていますが、こうして未だにワクチン接種を煽るようなニュースが報道されていますので、くれぐれも相手にしないようにしましょう。

○コロナワクチン接種により1000人に1人が心筋炎を発症、16~17才の男子は、317人に1人(3回目のブースター接種では25人に1人)が心筋炎を発症することが判明

○宮城県で25歳未満のコロナワクチン接種者に日用品をプレゼントするキャンペーンを実施するも、予約がほとんど埋まらず(来週の予約はほぼゼロ)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment