RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ワクチン接種の副作用で次々と世界各国の旅客機パイロットが死亡

, …

現在、世界各地の航空会社でコロナワクチンを接種した旅客機パイロットたちが、次々と死亡していることが明らかになりました。

以下の動画では、8月27日にバングラディッシュ航空の機長ナシャド・クワイヤム(45)さんがフライト中に体調不良に陥り、倒れてしまったため、緊急着陸を余儀なくされたことについて述べています。

機長は45歳と若く、フライト前も健康だったにもかかわらず、脳卒中を発症し、昏睡状態に陥っていたことが判明、その翌週の8月30日に死亡したとのことです。

https://twitter.com/retopsnart/status/1434219229025234947?s=20

さらに、ブリティッシュ・エアウェイズのパイロットが1週間のうちに4人も死亡したこと、デルタ航空のパイロットも短い期間に3人も死亡していること、さらにエア・インディアのパイロットも死亡したことにも触れ、コロナワクチンの副作用で死亡した可能性が高いと指摘しています。

○コロナワクチンを接種した英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズのパイロット4人が、同じ週に死亡

死亡したパイロットについて、いずれもワクチンとの因果関係は認められていないようですが、各国の航空会社ではワクチン接種が半強制的に行われていることから、ワクチンの副作用によって死亡した可能性は高いと言えます。

○【ワクチンハラスメント】米デルタ航空、ワクチン未接種の従業員から月2万円余を徴収へ

またカナダでも、パイロットが離陸前の旅客機内で倒れ、一旦引き返すというトラブルが発生していますし、ファイザーワクチンを接種したエア・カナダの機長の腕の血管が、フライト中に何本も破裂し、入院したとの情報もあります。

もう既にスペインやロシアの航空会社では、ワクチン接種をした後、高度1.6キロに達すると血栓を誘発する危険性があるとして、搭乗しないよう乗客などに対して警告していました。

○【スペイン・ロシアの航空会社】ワクチン接種者はフライト中に血栓症になるリスクが高まるとして搭乗しないよう警告

今では世界中の航空会社が職域接種を実施しており、いつ飛行機事故に巻き込まれてもおかしくない状況ですので、安全を考慮して極力、飛行機の利用は避けた方が賢明だと言えるでしょう。

○【アメリカン航空】週末の3日間で400便が欠航 コロナワクチンの副作用を発症するパイロットが急増

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment