RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

裁かれるワクチン接種 新システムで不具合続出

コロナウイルスのワクチン接種が各自治体で進む中、国が導入した新システムについて自治体や医療機関から不満の声が上がっています。

国が新たに導入した『ワクチン接種記録システム(VRS)』は、国から配布されたタブレットを使って接種会場の担当者が接種券に記載された18桁の数字列を読み取り、接種記録を蓄積する仕組みとなっているものですが、現場ではフリーズしたり不具合が頻発しているようです。

システムへの入力チェックはすべて自治体任せとなっており、自治体の担当者は「システムの活用は現場にとって負担でしかない」と不満を漏らしています。

また、スマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA(ココア)」でも、一部の利用者に感染者と濃厚接触した可能性があった場合でも通知されず、4カ月間も機能していなかった、との不具合が報告されています。

感染者情報をネット上のデータベースに入力する「HER-SYS(ハーシス)」というシステムは、厚生労働省が集計ミス防止や負担軽減を目的に導入したものでしたが、入力が負担となったために、システムを利用していない自治体が多発していることが判明しています。

しかも、今月12日には、全国各地の自治体のワクチン予約システムが障害を起こし、予約ができなくなるトラブルまで発生しました。

ITジャーナリストは、複数のシステムが乱立し、連携が取れていないがために現場の負担が増していることを指摘し、「IT化は効率化のためにするはずが、現場の使い勝手を無視し、入力作業が増えているのは本末転倒」と批判しています。

政府が税金を注ぎ込んで導入したシステムによって、かえってトラブルが多発し、政府自らワクチン接種が進まない原因を作り出しているわけです。

ワクチン接種が思うように進まないこの現状を、政府は苦々しく思っているようですが、ワクチン接種は人口削減を目的に行われる大規模な殺戮行為に他ならず、神様がこのような暴挙を黙って見過ごすわけがありません。

こういった一連のシステムトラブルは、全てイルミナティに対する神様からの裁きと考えて間違いありません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

私たちもイルミナティのこのような暴挙を徹底的に糾弾し、彼らの滅びを強力にお祈りして、できる限り多くの人々の命を救っていかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment