RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業パナソニックが鉄道・バスに顔認証で乗車できるシステムの実証実験を開始 集団ストーカー行為をデジタル化し、さらなる監視社会化を目論む

パナソニック コネクティッドソリューションズ社は9月15日、千葉県佐倉市のユーカリが丘ニュータウンで、鉄道・バスを顔認証で乗車するシステムの実証実験を開始すると発表しました。

実証実験では、顔認証を伴う非接触・非対面での本人確認とチケット確認、決済などの乗車管理を行い、よりスムーズな乗車を可能にしているとのことです。

ユーカリが丘駅改札口における顔認証のイメージ

現在、パナソニックをはじめとした創価企業は、竹中平蔵の主導するスーパーシティ構想実現のため、ありとあらゆる場面で活用できる顔認証システムの開発に注力しています。

○パナソニックら、生体認証を活用した業界横断型プラットフォーム事業化へ

○パナソニック、一度に15万人照合可能な顔認証エンジン‐マスク着でも99.9%以上の精度

○竹中平蔵の側近かつ血縁の岸博幸が内閣官房参与に就任 太陽光パネルによる土地の強奪、スーパーシティ建設を目論む

顔認証によって手続きがスムーズになったりと有益な面もありますが、顔や指紋などの個人情報を創価企業が掌握することで、誰がいつ、どこで何をしているのかということまで全て創価学会に監視されることになります。

実際、パナソニックはこれまで集団ストーカーを用いて、特定の個人の行動を執拗に監視したり、嫌がらせなどをして、ターゲットを貶める犯罪行為を行なってきたことが判明しています。

○組織ぐるみで集団ストーカーをする創価企業「パナソニック」の卑劣な実態

○【RAPT氏の対談】日本を破壊し、食い尽くしてきた「竹中平蔵」(熱海災害・東京五輪・コロナ・集団ストーカー・三浦春馬殺害 )

竹中平蔵をはじめとした李家・創価人脈がコロナ茶番をでっち上げたのも、監視社会をよりスムーズに実現していくために他なりません。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

○【大スクープ!!】パソナとパナソニックとサムスンは血縁で結ばれている 竹中平蔵と松下幸之助と櫻井俊は親戚=李家だった

○ワクチンパスポートも職域接種も抗原検査も全て“パソナ=竹中平蔵”が儲かる仕組みだった!!

実際、コロナ禍によってありとあらゆる場面でリモート化が進み、デジタル化が進んできました。

○パソナ仁風林接待の西村大臣「お札のウイルス1週間生存」こじつけでキャッシュレス化を国民に訴え

○コロナアプリ「COCOA」も創価案件だった!!

創価学会をはじめとしたイルミナティは、低能な集団ストーカーをいちいち雇わなくとも、システム上で個人を監視し、全ての情報を掌握して支配できるようにしようと目論んでいるわけです。

このようにパナソニックは、社会のための実験と見せかけて、くだらない監視社会の実現を目指して行動しているに過ぎませんので、彼らのイメージ戦略に騙されないように十分に用心しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment