RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

NWO(世界統一政府)を実現させるための計画 「SDGs」

ここ最近、テレビ番組や、雑誌、電車の広告など、ありとあらゆるところで「SDGs」というワードが使われるようになっています。

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

SDGsという新たな市場が開かれ、その大きなビジネスチャンスの波に乗ろうと、多くの企業や組織がSDGsに取り組む動きを見せています。

イルミナティたちが、どうしてここまでSDGsにこだわるのかと言いますと、この取り組みを通して「NWO (世界統一政府)」の樹立を目論んでいるからです。

ですので、庶民にとっては全くありがたいものではなく、むしろ内容は一層庶民達の奴隷化、監視化を強めるためのものなのです。

その事実を明確にするような画像も作られています。

○RAPT×読者対談〈第六弾〉NWOが絶対にうまくいかない理由。悪魔が限りなく愚鈍な存在である証拠。

現在、SDGsを熱心に推し進めているのが「創価学会」であり、公明党は、いち早くSDGs推進委員会を設置していました。

イルミナティたちは、何千年も前から、世界を一つに統一しようと画策してきました。

「NWO」の計画は、聖書の創世記でも「バベルの塔」と表現されています。

しかし、その計画はこれまで実現することなく、むしろイルミナティは内部分裂し、ことあるごとに激しい戦争を繰り広げてきました。

そして現代においても、イルミナティ内部争いが激化し、表面化しています。

○我々人類が神様の手によって守られてきたという数々の証拠。悪魔の滅亡が近く起こりそうな数々の予兆。

イルミナティの争いが激化している中、SDGs計画が順調に進むとは到底思えません。

彼らの滅亡をただ祈るばかりです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)