RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

宮城県の人工地震、震源地は原発の直近

3月20日、宮城県で最大震度5強を観測する人工地震がありました。

ネット上では、この地震が自然地震ではないということについて騒がれていましたが、もう一つ注目すべきことに、震源地が女川原子力発電所の直近であることが上げられます。

また、この震源地の近くには人工地震を起こすための手段である「CSS」の施設もあります。

○CO2 輸送・貯留に関する技術動向と土木分野における課題

イルミナティはこれまで、土地の強奪のために災害を起こして、目的の土地に住む人々を殺したり、追い出したりしてきました。

今回も、地震を起こすことで原発事故を装い、土地を強奪しようとしていた可能性があります。

また、宮城県ではこれまでからも度々人工地震が起きたニュースが入ってきていましたが、今回は地震が起きた翌日に局所的な大雨が降ることが予報されていました。

しかし、残念ながらこの地震も大規模な被害を及ぼすことはできませんでした。

イルミナティの計画は、次々と失敗に終わっています。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment