RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

家畜の伝染病はワクチン接種が原因 食糧危機は人為的に引き起こされている

現在、コロナワクチン接種により大量殺戮が行われていますが、家畜もワクチンによって大量に殺戮されています。

群馬県桐生市の養豚場で6日、ブタが相次いで死亡していることが発覚し、検査の結果、伝染病の「豚熱」に感染していたと報じられました。

感染していたのは、生後約40日のワクチン未接種の子豚で、県はこの養豚場のブタ約5000頭を殺処分するとの方針を発表しました。

今回発生した「豚熱」は、ワクチン接種を受けていなかったことが原因だったと言われていますが、昨年9月に同じく群馬県桐生市の近辺で「豚熱」が発生した際には、ワクチン接種を受けたブタにその症状が現れたと報じられていました。

ところが、このニュースはその後すぐに削除され、多くの人々が「実はワクチンによって病気になったのではないか」と疑義を呈しました。

そこで今回は、最初からワクチンを接種していなかったブタが「豚熱」に感染したと報じることにしたのでしょうが、ブタを飼育する経営者がグル(何らかの取引により)であれば、いくらでもこういったニュースを捏造することは可能です。

群馬県は、創価学会や李家にとっての最重要拠点ですから、なおさらその可能性は高いと言えます。

〇【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

〇【河野太郎も群馬人脈(創価・李家)だった!!】河野太郎の父・河野洋平が中国共産党100周年を記念して祝電を送る

〇トヨタもヘンリ・キッシンジャーも李家かつ群馬人脈 庶民を家畜と見なし人口削減する彼らのおぞましき実態

〇群馬県は幼女虐待、カニバリズムが今でも行われる呪われた地

〇堀江貴文も群馬人脈であり、青山家や李家とズブズブだった!!

つまり、「豚熱」はワクチン接種の副作用が原因であり、政府の研究機関が、コロナ同様に検査結果を捏造し、ワクチン接種を受けたブタに現れた症状を「豚熱」だと偽っていると考えられるわけです。

畜産業界では、感染症を防ぐためにワクチン接種や消毒を徹底して行っているにもかかわらず、定期的に感染症が頻発しています。

それは、ビル・ゲイツを始めとしたイルミナティが、世界中を食糧危機に陥らせ、さらなる人口削減を実行しようと目論んでいるからに他なりません。

○ビルゲイツが警告する食糧危機は、農作物の破棄、畜産動物の殺処分によって捏造されていた!!

イルミナティは、畜産業者に家畜のワクチン接種を義務付け、定期的に病気が頻発するようコントロールしてきました。

そして、感染症が出たと嘘の検査結果を下し、その畜産場の家畜全てを殺処分させ、廃業に追い込もうとしているのです。

畜産業者が次々と廃業に追い込まれれば、自然と食肉の価格は高騰し、庶民が手を出せなくなってしまいます。

イルミナティはこうした方法で私たち庶民を苦しめ、飢餓によって殺戮しようと計画しているのです。

〇「イギリス政府関係者からのリーク」イルミナティによるコロナ計画の全貌と今後の人民支配の計画の詳細が流出!

〇【イルミナティによる人口削減計画】米諜報団体Deagelが、2025年までに各国の人口が大幅に減少するとの予測を発表

畜産業界で行われているイルミナティどもの悪事を徹底的に暴き、糾弾し、食糧危機の捏造をなんとしてでも阻止しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment