RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【東京電力】原発が存在しないことを証明予定 福島原発の処理水でヒラメ飼育

東京電力は29日、福島第1原発の処理水を海水で薄めた水で、ヒラメを飼育する試験を来年夏にはじめると発表しました。

東電は処理水を海水で薄め、2023年春ごろから海洋放出を始める方針ですが、風評被害を懸念する漁業者を中心に強い反発が出ているため、福島県沖でよく獲れるヒラメの飼育試験で安全性を証明し、風評被害抑制につなげたい考えとのことです。

現在、福島原発の処理水は海洋に放出されることなく、地上のタンクに貯蔵されていますが、既に「原子力発電」と呼ばれる仕組み自体、この世に存在しないことがRAPT理論によって暴かれています。

〇原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

〇原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

〇原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(3)

したがって、処理水には放射性物質は含まれておらず、こうした報道自体が「原発はやはり危険なのではないか」と庶民を不安を抱かせるためのフェイクニュースに過ぎません。

本当に福島原発が危険なのであれば、2011年に事故が起こった時点で、周辺の土地や海に放射性物質が大量に放出され、動物や魚などは死に絶えてしまったに違いありません。

しかし、事故の後も、近海からは“常磐もの”と呼ばれる日本屈指の上質な魚介類が豊かに獲れ、周辺の森の中でもたくさんの動物たちが事故前と何ら変わることなく暮らしています。

○米ジョージア大学の研究チームが福島に生息する野生動物の実態調査を公開

しかも、今や原発が存在しないという真実が庶民の間に広まり、福島県産の食品をためらう人はたったの8%しかいないことがアンケート調査で判明しています。

○「福島県産ためらう」、なお8% 震災10年、風評被害調査―消費者庁

しかし、このように福島が安全だとバレてしまうと、原発周辺の地域に地元民たちが戻ることを許可せざるを得なくなり、イルミナティよる土地の強奪が頓挫してしまうため、未だに福島原発が危険だと匂わせるようなニュースを報道して、原発利権を守ると同時に、イルミナティによる凶悪犯罪を隠蔽しつづけているわけです。

〇RAPT×読者対談〈第46弾〉人工地震3.11の目的は、天皇家による福島遷都に向けての土地の強奪。

○RAPT×読者対談〈第124弾〉東京スカイツリーは3.11の放射能汚染演出のために建設された可能性大。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

今後もより多くの人が原発が存在しないという事実を知り、これまでイルミナティが行ってきた数々の悪事がさらに明るみに出てくることを心から願います。

○RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)
 
○RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)
 
○RAPT×読者対談〈第61弾〉原爆被曝はどこまで本当の話なのか?
 
○RAPT×読者対談〈第62弾〉原発と原爆を生んだ相対性理論はデタラメの可能性大。
 
○RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。
 
○RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。

○RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。
 
○RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。
 
○RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。
 
○RAPT×読者対談〈第72弾〉この世の支配層が大金をぼったくる仕組み。
 
○RAPT×読者対談〈第74弾〉この世の支配層による口封じの実態。
 
○RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)
 
○RAPT×読者対談〈第78弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(2)
 
○RAPT×読者対談〈第79弾〉カタカムナとあらえびすとイヤシロチ詐欺。
 
○RAPT×読者対談〈第99弾〉原発も水素自動車もその燃料はただの水と塩。
 
○RAPT×読者対談〈第100弾〉原爆はただのマグネシウム爆弾。石油の原料もただの海水。トヨタの水素自動車もただのパクリ。

〇RAPT×読者対談〈第103弾〉イルミナティはもういらない。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment