RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【過激化する李飛飛による情報弾圧】ツイッター社、コロナワクチンの危険性を“デマ”だと決めつけ、正しい投稿に警告ラベル

Twitter社は、コロナワクチンを危険だとする正しい投稿に「警告ラベル」を表示するなど、さらなる情報弾圧に乗り出すとのことです。

現在Twitterには、「グーグルの女神」として一時期持て囃されていた「李飛飛」というAI学者が取締役として就任しています。

「李飛飛」は今や“中国共産党の犬”として名を馳せていますが、彼女がTwitterの取締役に就任して以降、ますます情報弾圧が厳しくなっていきました。

そんな李飛飛は、女優の石野陽子とその姉の石野真子にそっくりです。

石野陽子は、かつて志村けんと15年間交際しており、破局後も志村けんのコント番組に出演するなど、相棒のような存在となっていました。

石野陽子は、裕福な家庭に生まれたお嬢様であることが知られていますが、実は彼女の正体は李家だったというわけです。

そして、志村けん自身も上級国民であり、彼はコロナの恐怖を煽るために“コロナによる死”を偽装しました。

○コロナで死亡したフリをした志村けんが、庶民を騙した功績を讃えられ、東村山市に銅像が設置される

つまり、Twitterの情報弾圧も、コロナ茶番の演出も、ごく狭い一族によって行われているということです。

一方的な情報弾圧を受けると、とてつもなく巨大な組織によって圧力を受けているかのように錯覚しがちですが、蓋を開けてみると、実は庶民よりも圧倒的に少ない一握りの上級国民によって情報弾圧が行われていることが分かります。

ですから私たちは、彼らの情報弾圧を恐れる必要は全くなく、今後も正しい情報発信を行うと同時に、言論の自由を脅かす李家どもの滅びを強力にお祈りしなければなりません。

https://twitter.com/9n7eWQtutsamatw/status/1283013791148437506?s=20

コメントを書く

*
*
* (公開されません)