RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【悪魔崇拝の聖地への裁き】淡路島の畑に広がる“地球最悪の侵略的植物”「もはや住民だけでは防げない」

“地球上で最悪の侵略的植物”とも呼ばれる特定外来生物の水草「ナガエツルノゲイトウ」が、淡路島のため池から周囲の畑などに広がっているのが発見され、大きな問題となっています。

農地での確認は県内初といい、駆除などで支援してきた市民グループは「もはや住民だけでは防げない。県や市が早急に対応しなければ、急拡大する」と危機感を募らせています。

「ナガエツルノゲイトウ」は乾燥や塩分に強く、水陸を問わず、茎や根の一部からでも増殖します。

しかも、水を張ったところにこの植物が入ると、畑とは比較にならない速さで増え広がっていくそうです。

水の中で成長すると、茎の長さが1メートルを超えるため、稲に覆いかぶさって成長を阻害し、収穫量の減少を引き起こす危険性が高いとも言われています。

淡路島は古代から悪魔崇拝の聖地とされ、数々の生贄儀式が行われてきた場所ですから、今になってその裁きが下されているに違いありません。

今回のニュースを見たネット民は、「ナガエツルノゲイトウ」がまるで淡路島に本社を移した「パソナ」を象徴しているようだともコメントしています。

実際、竹中平蔵はまさに日本にとって「ナガエツルノゲイトウ」そのものだと言っても過言ではありません。

竹中平蔵に乗っ取られた淡路島の有様を、神様が「ナガエツルノゲイトウ」を使って私たちに見せて下さっているのかも知れません。

○【ピンハネ男爵】東京五輪は竹中平蔵のボロ儲けのために開催される

○重大欠陥が発覚したワクチン予約システムは、竹中平蔵が顧問を務める創価企業が受注していた!!

○日本を貧困に陥れた竹中平蔵は、李家と青山家の血筋

○菅義偉が出世できたのは、竹中平蔵のおかげだった

しかも、パソナも淡路島の農業支援を行なっていますから、「ナガエツルノゲイトウ」が繁殖することによってパソナにも大きな危害が加わることになります。

このようにイルミナティに対する神様の裁きが続々と進行しています。

竹中平蔵をはじめとした極悪人どもが速やかに滅ぼされるように、これからも続けて根気強くお祈りしなければなりません。

○ RAPT×読者対談〈第81弾〉ジョン・タイターが予言した三つに分断された日本。

○RAPT×読者対談〈第80弾〉阪神大震災と原発再稼動と西南戦争を結ぶ中央構造線の謎。

○ RAPT×読者対談〈第64弾〉南あわじ市の独立宣言に隠された裏のカラクリ。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment