RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

二階幹事長「コロナ感染が広がれば五輪中止も選択肢」

二階俊博幹事長は、東京オリンピック・パラリンピックについて、新型コロナウイルスの感染がさらに拡大した場合、「とても無理と言うなら、すぱっとやめなければいけない」と述べ、“大会の中止も選択肢”という認識を示しました。

菅首相はオリンピックを「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証し」と位置付けし、開催に向かって突き進んできました。

すでに存続が危うい菅政権が、秋までに行われる衆院解散・総選挙に勝つためには、オリンピックの開催が不可欠との見方がされています。

オリンピック開催は、菅政権にとって政権の行方を左右する問題に発展しているのです。

○オリンピック中止なら「退陣」?崩れつつあるシナリオ、それでも突き進む菅政権

しかし、現在菅と二階の関係が悪化していることが明らかになっています。

○【菅政権の危機】冷えきる二階と菅の関係と佐藤浩の失脚

オリンピックは創価学会と中国共産党の記念行事であり、創価・中国共産党のどちらにも太いパイプを持つ二階が「オリンピック中止も選択肢」と発言する裏には、菅政権に圧力をかける意図があったとも考えられます。

コロナ禍も創価学会がでっち上げた茶番ですので、創価学会はこのまま「コロナ感染拡大」というシナリオを進めることで、菅政権を終わらせようとしているのかもしれません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

【特集】ワクチンの危険性を知るために

ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露
ワクチンは人口削減を行うために製造された毒薬に過ぎないということを、これまで何度も述べてきましたが、ワクチンに含まれた水銀には、人間の脳を破壊する強力な毒性があります。 しかも、ワクチンに含まれる水銀の量は年々増加しており、それに伴って精神...