RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

傾斜地などの危険な場所への太陽光パネルの設置を規制強化 創価・李家による“乗っ取り・テロ行為”抑制なるか

環境省は27日、日本各地で太陽光パネル設置による事故や災害の多発を問題視し、法律によって危険性の高い場所での新設を規制する方向で検討に入ったことが明らかになりました。

神戸市須磨区では、2018年7月の西日本豪雨による土砂災害で、太陽光パネルが山陽新幹線の線路近くまで落下する事故が発生しています。

この太陽光パネルは、新幹線の線路からわずか10mしか離れていないところに設置されていたため、大惨事になってもおかしくない状況だった上、新幹線も一時運休となったそうです。

しかし市の担当者は、事故発生までこのような危険な場所に太陽用パネルが設置されていることを全く知らなかったそうです。

現在の法律上、事業者は経済産業省から事業計画の認定を受ける必要がある一方で、自治体への報告や届け出は不要となっています。

そのため、経産省から許可を取れれば、実質的にどこにでも太陽光パネルを設置することができる状況となっています。

この事態を重く見た神戸市は、2019年7月、太陽光発電施設の立地を規制する条例を施行し、出力10キロワット以上の施設を新設する場合、市への届け出を義務づけました。

また、土砂災害警戒区域などは禁止区域とし、勾配が30度以上の急傾斜地や住宅地、鉄道用地から50メートル以内の範囲は許可制としています。

太陽光パネル利権は、李家や創価学会の儲けのタネになっていることが判明していますが、規制を強化していけば、環境破壊だけでなく、彼らによる土地の乗っ取り行為を抑制することも可能かも知れません。

○太陽光発電の建設に「待った」 規制条例が全国で急増

そもそも、「太陽光パネルは環境に良い」などと言っておきながら、その実、山林を切り崩し、川を汚染し、生態系や人々の生活を破壊しているわけですから、多くの人たちがその矛盾に気付きはじめています。

そもそも李家どもは、単に発電目的で日本中に太陽光パネルを設置しているのではなく、その土地にわざと災害を起こすことで、いずれ移住して来る“同胞”たちのために土地を確保していることが既に明らかになっています。

○【熱海市】太陽光パネルが大規模土砂災害を誘発 李家の金儲けのために多くの日本人が犠牲に

○熱海の土砂災害は、孫正義と菅直人による法改正が元凶であり、創価学会、稲川会、そして小泉一家による完全な人災である

○【やはり熱海は李家に狙われていた】土砂災害の黒幕は、孫正義と小泉一家と竹中平蔵である可能性大

○【スマートシティ計画】熱海の土砂災害は、土地の強奪のため李家によって計画的に起こされた可能性大

したがって、太陽光パネルの設置は、一種の“テロ行為”だと言っても過言ではありません。

今後、太陽光発電パネルの設置が厳しく規制され、日本人の生活がきちんと守られるよう、続けて李家の滅びを強力にお祈りしなければなりません。

○ソーラー発電巨額詐欺に小泉一族と孫正義が関与した疑い 政界を巡る一大疑獄事件に発展か

○【李家の愚策】小泉進次郎の行ったレジ袋有料化によりスーパーでの万引きが深刻化「被害数倍に」本人は「自分が決定したわけではない」と責任逃れ

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment