RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

政府が自己負担でPCR検査を受けるよう国民に要請 実は孫正義(李家・創価)の設立した「SB新型コロナウイルス検査センター」への利益誘導が目的だった!!

現在、政府はPCR等の検査結果をもとに、他者に感染させるリスクが低いことを示し、接種していない人でも、接種した人と同等に飲食店やイベント会場に入れるようにする「ワクチン・検査パッケージ」と呼ばれる仕組みの構築について議論を進めています。

政府は「ワクチン・検査パッケージ」に欠かせないコロナ検査の費用について公費を投入せず、国民に自己負担を求める考えを示しました。

しかし、PCR検査には3000円〜数万円もの費用がかかり、抗原定性検査でも1回数千円かかります。

その上、PCR検査後の陰性証明の有効時間はたったの72時間で、抗原検査の場合は24時間です。

したがって、今後こうした「ワクチン・検査パッケージ」が確立され、様々な場面で陰性証明が必要になった場合、頻繁に自費で検査を受けなければならず、国民は大きな負担を強いられることになります。

このようにワクチンを接種しない国民に対し、金銭的な負担を強いることで「ここまで費用がかかるなら、無料のワクチンを接種したほうがよいのではないか」と思わせて、強引に接種するように誘導しているわけです。

また政府は、ワクチンを接種した人にもPCR検査を受けるよう要請しており、いずれにせよPCRの需要が高まることが予想されます。

そして、このPCR需要に早くも目をつけて事業を展開しているのが、かの孫正義です。

孫正義率いるソフトバンクグループは、昨年7月29日に唾液PCR検査を低価格・高頻度で提供する子会社「新型コロナウイルス検査センター株式会社」を設立しています。

○検査費用は1回2,000円と実費負担のみ。「東京PCR検査センター」が本格稼働

つまり、政府がこうしてPCR検査を国民の実費負担としながらも積極的に検査するよう要請しているのは、孫正義を儲けさせるための利益誘導だったと言えるわけです。

このようにコロナ関連の事業は全て、李家や創価学会の儲けの種となっていますので、「コロナは嘘」だとはっきりと意思表示し、無意味な検査など一切受けないようにしなければなりません。

○47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

○【報道関係者による内部告発】日本医師会はPCR検査が不正確であることを最初から知っている

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment