RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【菅首相も死亡した可能性大】辞任表明後に病院で受診 安倍晋三が辞任・死亡したときの状況と酷似

菅首相は3日、自民党の総裁選挙への不出馬および辞任を表明しましたが、その翌日の午前中から東京都港区の国際医療福祉大三田病院を受診していたことが明らかになりました。

また、4月24日に東京・代々木のJR東京総合病院で人間ドックを受診したとされ、8月21日にも人間ドックのフォローアップとして同病院を受診していました。

いずれも「体調には問題はない」と発表されましたが、昨年、安倍晋三が退陣したときの状況と酷似していると指摘する声が上がっています。

○菅首相に「総裁選不出馬」の仰天情報!外堀埋めて自民重鎮が引導か、安倍氏退陣時との不気味な“共通点”

ここ最近、菅首相は公の場での言い間違えや、平和式典での原稿の読み間違え、遅刻などの問題が相次ぎ、健康不安説が流れていました。

○【本当に日本人か?】菅首相「広島市」を「ひろまし」原爆を「げんぱつ」と言い間違え、長崎の平和式典にも遅刻し他人に責任転嫁

○「不要不急の外出」を促す菅首相、「読み飛ばし」に「言い間違え」呂律も回らず政治家として終了

○菅首相 記者会見でうっかり“人口削減計画”の進ちょく状況を語ってしまう

○菅首相、せっかく台本があるのに何度も言い間違えて大批判

そして8月29日には、154日ぶりに丸一日の休暇を取ったことで話題になりましたが、その5日後の9月3日に突如、辞任を表明し、その翌日に病院を受診しました。

安倍晋三も昨年、147日間の連続勤務がニュースになり、体調不良説や吐血情報まで報道された後、8月17日に慶大病院を受診し、同日に突如、辞任を表明しました。

安倍晋三は、この辞任と同時期に死亡していたことが判明しており、影武者を使って今でも生きているように見せかけている状況です。

このように、安倍晋三が辞任した時期やその経緯が非常によく似ていることから、菅首相も安倍と同じように既に死亡している可能性があります。

実際、菅首相の辞任を受けて、小泉進次郎が菅への感謝の気持ちを涙ながらに語っていますが、まるで菅が死んでしまったかのような悲しみようで、葬式の参列者のコメントとも取れるような発言をしています。

菅はこれまで竹中平蔵の傀儡として政権を支配し、李家や創価学会の意向のままに悪政を敷き、国民を苦しめてきました。

○菅義偉が出世できたのは、竹中平蔵のおかげだった

○【菅内閣のブレーンは売国奴ばかり】パソナが人材支援と称し、大量の中国人を日本に移住させていることが発覚

実際、菅が首相に就任して以来、RAPT氏の元には創価学会の集団ストーカーが毎日のように出現するようになりました。

そして、待ち伏せや付きまといなどの卑劣な嫌がらせ行為が連日のように行われ、RAPT氏の活動をあからさまに妨害しようとしてきました。

○集団ストーカーは売れない芸能人も駆り出されている可能性大

○集団ストーカーの実態 やはりストーカーの正体は、“没落”上級国民か?

○組織ぐるみで集団ストーカーをする創価企業「パナソニック」の卑劣な実態

○【RAPT氏の対談】日本を破壊し、食い尽くしてきた「竹中平蔵」(熱海災害・東京五輪・コロナ・集団ストーカー・三浦春馬殺害 )

このように菅は、犯罪行為によって自身の敵と見なす者を威圧し、妨害した上、コロナ茶番とワクチン接種によって大勢の庶民を殺戮してきたのですから、恐ろしい裁きが下るのは当然のことだと言えます。

しかし、実際に本人が死亡していたとしても、安倍同様に影武者を使い、これからも生きているように見せかけることは間違いありません。

このように創価学会や李家は、影武者を立ててでも自らの意向を実現しようと悪あがきしていますので、彼らが一人残らず滅び去るように、今後も続けて強力に祈り求めなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment