RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【“超”危険人物】経済同友会・代表幹事の櫻田謙悟がコロナワクチン接種義務化を提言 日本国民全員の撲滅を狙う

SOMPOホールディングスグループCEOで、経済同友会代表幹事の櫻田謙悟が、コロナ感染拡大を踏まえ、ワクチン接種の義務化を議論する時期に来ているとの認識を示しました。

櫻田代表幹事は31日の定例会見で、「本格的な経済の回復には何よりワクチンを行き渡らせることが大事だ。政府はリアルタイムに近い形で、接種の状況を示し、いつトンネルを抜け出せるのか示してほしい」「ワクチン接種を証明するいわゆる『ワクチンパスポート』の活用だけでなく、行政などはワクチン接種の義務化ももっと議論したほうがよい」などと述べ、国民の権利を剥奪し、違憲ともとれる発言をしました。

櫻田謙悟は、過去にも「消費税を17%にすべき」「競争や格差を助長すべき」など、国民を苦しめるような提言ばかりをしてきた“超”危険人物です。

また、櫻田謙悟は、現在SOMPOホールディングスグループのCEOに就任していますが、同グループ の源流は「日産コンツェルン」であり、「日産コンツェルン」の創業者・鮎川義介は、田布施人脈の一員で、李家の岸信介や安倍晋三と親戚関係にあります。

つまり、櫻田謙悟も李家をはじめとした反日勢力の一人だということです。

だからこそ、コロナワクチン接種の義務化を推進し、日本国民全員を殺戮しようと目論んでいるわけです。

○【イルミナティによる人口削減計画】日本政府に課せられたコロナワクチン接種のノルマは6000万人 元東大阪市議会議員が暴露

○水俣病、アスベスト問題、薬害エイズも、コロナと同じ人口削減計画だった

しかし、ワクチン接種の義務化は、国民の権利を侵害する行為に他なりませんので、決して許されることではありません。

こうしたワクチン接種義務化を推進するサイコパスどもが、一刻も早く滅び去るよう強力にお祈りしなければなりません。

○【ワクチン拒否者に対する圧力か】大阪市東成区役所でワクチン辞退者リストを作成

○ワクチン接種しないと退職、単位を与えない、自主退寮を勧められた・・医療関係者へのワクチン強要、人権侵害の実態が明らかに

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment