RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

大量殺人犯の河野太郎が3回目接種分のワクチン確保を発表、確実に国民の命を殺戮しようと目論む

ワクチン接種による大量虐殺を推進している河野太郎大臣が16日、ファイザー製のコロナワクチンについて、3回目接種分の必要量を確保していることを明らかにしました。

○コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

また、政府の方でも、未認可のワクチン接種が可能となる緊急事態宣言の延長を検討しており、さらなる人口削減を推し進めようとしています。

○【速報】緊急事態宣言の拡大・延長を夕方協議

○【緊急事態宣言延長のカラクリ】未認可のワクチンを打てるのは、緊急事態宣言時のみだった!!

河野太郎は、李家のスパイ行為を容認している売国政治家の一人であり、日本人を家畜以下の存在(ゴイム)として見なして、人口削減しようと計画している殺人鬼に他なりません。

○ワクチンでの大量殺戮を計る河野太郎、過去に韓国人(李家)スパイを秘書に起用し、国家機密漏洩を容認

しかしSNS上では、河野太郎を称賛する工作ツイートが多数投稿され、あからさまな情報操作が行われています。

○【河野太郎も群馬人脈(創価・李家)だった!!】河野太郎の父・河野洋平が中国共産党100周年を記念して祝電を送る

○【群馬人脈=李家のコラボによる卑劣な洗脳工作】はじめしゃちょーと河野太郎がYouTubeでワクチンは危険ではないとデマを拡散

そのため、依然として政府やマスコミに洗脳されたまま、ワクチンを接種しようとしている人も少なくありません。

河野太郎は、凶悪カルトである「創価学会」の子会社であるファイザー社と結託し、三度目のワクチンを接種させることで、多くの国民の命を確実に闇に葬り去ろうと目論んでいます。

今後もつづけて、河野太郎やファイザー社に関する正しい情報を広く拡散し、できるだけ多くの人々の命をワクチンの脅威から守っていかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment