RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【老害】二階幹事長「菅首相に続投していただきたいという声が強い」と創価と中共の要望を民意として発言し、批判殺到

自民党の二階俊博幹事長が3日、記者会見で、菅義偉首相の任期満了(9月30日)に伴う総裁選について「現職が再選される可能性が極めて高い。誰もが承知していることだ」などと民意を全く無視した発言をし、菅首相の再選を後押ししました。

また、「菅総裁は頑張っている。むしろしっかり『続投していただきたい』という声の方が、国民の間にも党内にも強いのではないか」とも述べ、ネット上では「ボケているのか!?」「その国民の中に私は入ってない!」「国民の声なんて聞いちゃいない証」との批判が殺到しています。

二階幹事長は、創価と中国共産党のコマに過ぎず、菅首相はそんな二階の操り人形に過ぎませんので、このまま続投させたいという意向は創価と中共からの要望に違いありません。

○自民と創価と中共のパイプ役・二階俊博幹事長が中共100周年を祝う電報を送り、批判殺到

それをまるで私たち国民の要望であるかのように発言すれば、猛批判を浴びて当然ですが、二階はそのようなことも分からないほど耄碌しているのでしょう。

以下の動画は、二階が記者会見を行なっている様子ですが、記者から質問を受けた際、言葉に詰まり、同席していた政治家たちに助けてもらうという、目も当てられない醜態を晒しています。

このように、ろくに記者の質問にも答えられないような老害を、いつまでも政治の中枢に置いておくなら、日本の政治は腐敗し、機能不全を起こすしかありません。

しかし、二階や菅をはじめとした売国政治家たちに日本の政界が毒されているのが現状ですので、彼らが一日も早く滅び去り、庶民のための政治を行うまもとな政治家が擁立されることを心から願うばかりです。

○菅義偉が出世できたのは、竹中平蔵のおかげだった

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment