RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【竹中平蔵の犬】橋下徹が執拗にワクチン接種やパスポート導入を推進

イタリア政府は22日、レストランなどの店内で飲食する際に、ワクチン接種を証明する「グリーンパス」などの提示を義務づけると発表しましたが、これを受け、橋下徹が日本でも飲食店への入店時にワクチンパスポートを導入すべきとの意見を、自身のツイッターで述べました。

橋下徹は現在、おおさか維新の会の顧問弁護士となっていますが、現在もワイドショーのご意見番として度々テレビ番組に出演しています。

そして橋下徹は、河野太郎ワクチン担当大臣と番組内で対談し、「若者の目の前にニンジンをぶら下げてワクチンを打たせることが必要」などと語り、若者たちを必死で殺戮しようとしています。

橋下徹はかねてより在日だと言われてきましたが、彼は明仁上皇の甥にあたる「東久邇信彦」の若い頃に似ていることが判明しています。

そして東久邇信彦は、コロナ死を偽装した志村けんやトヨタの奥田碩にも似ていることから、橋下徹も李家たちとかなり深く繋がっていることが分かります。

○コロナで死亡したフリをした志村けんが、庶民を騙した功績を讃えられ、東村山市に銅像が設置される

左:東久邇信彦 右:奥田碩

また、橋下徹は李家の星野佳路ともズブズブの関係で、ABEMA『NewsBAR橋下』で星野佳路と対談し、星野リゾートによる大阪の再開発が素晴らしいと声高にアピールしています。

○「みんな避けていた部分があった」橋下氏も期待する星野リゾートの大阪・新今宮の再開発

○星野佳路は、創価学会と李家の「乗っ取り請負人」だった!!

また、維新の会のブレーンは竹中平蔵であり、橋本と竹中は何度も対談しており、ともに結託してワクチンによる人口削減と庶民の奴隷化を推し進めています。

〇竹中平蔵は維新の会のブレーンだった!!  大阪府での時短協力金業務をパソナに21億円で丸投げ委託

〇日本を貧困に陥れた竹中平蔵は、李家と青山家の血筋

〇パソナの性接待施設「仁風林」を使って政治の中枢にのさばり、税金をぼったくりつづける竹中平蔵という男

〇【RAPT氏の対談】日本を破壊し、食い尽くしてきた「竹中平蔵」(熱海災害・東京五輪・コロナ・集団ストーカー・三浦春馬殺害 )

〇【竹中平蔵の血縁かつ李家】堀江貴文が「コロナワクチンを拒否する者に社会的な制限を課すのは当たり前」と発言し、批判殺到

日本にはこうした売国奴があまりにも多いため、私たち日本人がこの国で安心して暮らしていくためにも、竹中平蔵や橋下徹などの李家、群馬人脈の滅びをより一層強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment