RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【ピンハネ男爵】東京五輪は竹中平蔵のボロ儲けのために開催される

パソナの竹中平蔵は、政府からの委託事業を通して莫大な税金を中抜きし、ボロ儲けしてきましたが、実は東京五輪においても、彼が会長を務める創価企業パソナが暴利を貪っていることが判明し、批判が殺到しています。

東京五輪といえば、ボランティアを募って過酷な環境でタダ働きさせることが問題となっていますが、その一方で、一部の運営陣には法外な賃金が支払われることが明らかになっており、問題視されています。

組織委と創価企業の東急エージェンシーの契約書によると、例えば「本大会に向けての準備業務」のディレクターの給与は、1人当たり1日35万円(40日間で1人1,400万円)。

「大会準備期間における会場運営計画策定業務」のディレクターの給与は、1人当たり1日25万円(40日間で1人1,000万円)。

他にも、「大会期間中における会場運営業務」の運営統括やディレクターやスーパーバイザーらは日当20万円、サブディレクターは日当13万5,000円、アシスタントディレクターは日当10万円、マネージャーは日当5万円、サービススタッフも日当2万7,000円となっています。

募集人数は約800人、契約金額の合計は約6億2,300万円とのことです。

このような法外な給与が支払われることも大きな問題ですが、驚くのはまだ早いです。

東急エージェンシーは、これらの金額に諸経費として約15%ほど上乗せして組織委に請求しているようですが、東急エージェンシーは広告代理店ですから、人材集めは本業ではありません。

そのため、人材集めをパソナに再委託しており、しかも日当20万円以上貰えるはずの責任者クラスに対して、パソナは日当1万2,000円程度の給料しか支払わないと取り決めていたのです。

つまり、組織委が提示した賃金の8割から9割以上を、パソナがピンハネしようとしているわけです。

5月26日の衆院文科委員会では、「パートナー契約では人材派遣サービスはパソナにしか許されていない。43会場の派遣スタッフを頼むときはパソナに(仕事を)出さなくてはならない契約になっている」と独占的契約状態にあることも明らかになりました。

○【政界地獄耳】竹中平蔵率いるパソナ、五輪商法のカラクリ

つまり、東京五輪の経費は、竹中平蔵のパソナや電通がピンハネできるように、初めからピンハネ分を上乗せして設定されていたというわけです。

それもこれも全ては、仁風林で数多くの政治家や官僚たちにいかがわしい性接待を繰り返してきた賜物でしょう。

招致段階では、五輪開催・運営にかかる費用が7340億円とされていましたが、2019年12月時点で1兆3500億円に膨らみ、さらにコロナ禍による1年延期と感染防止対策で2940億円が加わり、現在は1兆6440億円にまで膨らんでいます。

最低でも1兆円以上は、パソナや電通がぼったくっていると考えられるわけです。

○「魔物」は膨張し続ける 招致時から1兆円も増えた東京五輪の開催経費

竹中平蔵は6日、読売テレビで放送された「そこまで言って委員会NP」に出演し、東京五輪について「世界に対して『やる』と言った限りはやる責任がある」と発言し、そもそも開催か中止(延期)かという議論自体がおかしいとの意見を述べました。

また、中止を求める世論が強くなっていることに対して、「世論は間違ってますよ。世論はしょっちゅう間違ってますから」と、平然と庶民を馬鹿にするコメントをしました。

もし、五輪が中止されれば、竹中平蔵も大損することになりますから、必死で中止を求める声を叩き潰そうとしているわけでしょう。

○竹中平蔵氏 五輪は「やる」開催か中止議論自体が不毛「世論はしょっちゅう間違ってる」

現在パソナグループは、コロナ禍の間に政府から幾つもの事業を受託してきたため、純利益1000%増というとんでもない利益を上げていますが、ここまで来ると、もはやこの日本の政治は、竹中平蔵が儲かるために運営されていると言っても過言ではありません。

竹中平蔵が政府の中枢にのさばりつづける限り、私たちの血税を好きなだけ吸い尽くされ、最終的に私たち庶民は竹中平蔵の奴隷となってしまいます。

これからも続けて竹中平蔵の滅びを強力にお祈りし、創価人脈だけが得をするという不条理なこの世の仕組みを完全に叩き潰していかなければなりません。

重大欠陥が発覚したワクチン予約システムは、竹中平蔵が顧問を務める創価企業が受注していた!!

日本を貧困に陥れた竹中平蔵は、李家と青山家の血筋

菅義偉が出世できたのは、竹中平蔵のおかげだった

【分断して統治せよ】あいちトリエンナーレの炎上騒ぎは、第三次世界大戦の火種を作る茶番劇

堀江貴文も群馬人脈であり、青山家や李家とズブズブだった!!

竹中平蔵はなぜ創価企業「パソナ」の会長に就任したのか。「天皇派」と「教皇派」と「大和族」と「出雲族」の奇妙なもつれあい。

○ 金融ユダヤの傀儡メディア「NEWSポストセブン」に竹中平蔵が登場。パソナと仁風林擁護のため相変わらずデタラメを言う。

パソナが儲かれば儲かるほど、パソナ社員の不信感も募っていく。追い詰められる竹中平蔵。

国会には何百もの議員がいるのに、議員でもない竹中平蔵が決めた政策ばかりが実行されるこの国の不思議。

「地方創生本部」設置もやはり創価=パソナ=竹中平蔵の利権のため。呆れたアベノミクスの実態。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment