RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【福井県】存在しない使用済み核燃料への税率引き上げ

福井県は、原発に装荷する核燃料の価格などを課税基準とする「核燃料税」について、税率を引き上げる方針を固めたと発表しました。

(マスコミの報道によると、原発内での貯蔵が5年を超える「使用済み核燃料」に課税する「搬出促進割」を、重量1キロ当たり年1000円から1500円に引き上げ、原子炉の熱出力に応じて徴収する「出力割」は現行の8.5%相当から9.5%相当に引き上げるとのことですが、このようなややこしい説明をすることで、庶民の頭を混乱させ、いかにも原発には莫大な費用がかかり、増税は仕方がないかのように印象操作しています)

これにより福井県は、年間約11億円もの増収を見込んでいるとのことで、核燃料が増えれば増えるほど、その県の税収がアップし、ボロ儲けできる仕組みとなっています。

しかしこの「核燃料税」は、電気代から徴収されるとのことで、結局、電力会社にとっては痛くも痒くもなく、庶民ばかりに負担がかかることになります。

しかも、原発など存在していないことがRAPT理論によって解明されていますので、11億円分の増収もただ原発利権にあやかる連中の懐にそのまま流れていくに違いなく、庶民はただ上級国民の贅沢のために、お金を無理やり徴収させられることになるだけです。

こんなことが、いつまでも許されていいわけがありません。

私たちは、これからも続けて原発が存在しないという事実をこの世の多くの人々に知らしめ、これ以上、金の亡者であるイルミナティが、原発利権によって濡れ手に粟のボロ儲けができないようにしていかなければなりません。

原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(3)

RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)
 
RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)
 
RAPT×読者対談〈第61弾〉原爆被曝はどこまで本当の話なのか?
 
RAPT×読者対談〈第62弾〉原発と原爆を生んだ相対性理論はデタラメの可能性大。
 
RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。
 
RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。
 
RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。
 
RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。
 
RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。
 
RAPT×読者対談〈第72弾〉この世の支配層が大金をぼったくる仕組み。
 
RAPT×読者対談〈第74弾〉この世の支配層による口封じの実態。
 
RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)
 
RAPT×読者対談〈第78弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(2)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)