RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価・戸田城聖の血筋】 佐野史郎、腎臓機能障害で緊急入院

俳優の佐野史郎が出演中のTBS系ドラマ「リコカツ」を降板することが4日、番組の公式サイトで発表されました。

腎臓機能障害が発覚して緊急入院することになったとのことです。

佐野が演じていた水口武史役は、平田満が代役を務めることが決定し、佐野は降板に際して「愛する水口武史役を平田満さんが快くお引き受けくださるとうかがい、大変ありがたく、うれしく、心より感謝いたしております」とメッセージを発表しています。

佐野史郎は、創価学会2代目会長の戸田城聖と顔が似ていることから、その血筋ではないかと噂されています。

また戸田城聖も、満洲国最後の皇帝である愛新覚羅溥儀とそっくりであることから、佐野史郎も同じく愛新覚羅溥儀(ユダヤ人)の血筋を引いているのではないかと噂されています。

つまり、佐野史郎も例のごとく上級国民だというわけです。

そして現在、戸田城聖が教祖として指揮した創価学会は、凶悪な犯罪組織であることがネット上で暴かれ、広く拡散されています。

https://twitter.com/9n7ewqtutsamatw/status/1283389773210476544?s=21

現在、世界中で多くの人たちを苦しめているコロナパンデミックも、創価学会が主導してでっち上げた茶番劇であることが明らかになっています。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

また、創価学会が警察とグルになり、自分たちに都合の悪い人たちを“仏敵”と称して、組織ぐるみで集団ストーカーを行っていることも暴かれ、広く知られるようになりました。

○組織ぐるみで集団ストーカーをする創価企業「パナソニック」の卑劣な実態

佐野史郎が創価学会の元会長の血筋を引いているのであれば、今回このように体調を崩し、緊急入院したことも一つの裁きであることは疑いの余地がありません。

こうしてイルミナティたちは、一人も例外なく裁かれる運命にあるのです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment