RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

中日ドラゴンズ・木下雄介投手がコロナワクチン接種後に「重篤」危機 人工呼吸器をつける厳しい状況

中日ドラゴンズの木下雄介(27)投手が、7月の初旬にコロナワクチン接種を受けた数日後、練習の最中に倒れ、現在も人工呼吸器をつけるほどの重篤状態であることが分かりました。

木下投手はコロナワクチン接種を受けた後も激しい練習を続けていましたが、その最中に心臓に問題が発生して倒れ、脳にも影響が及んでいるとのことで、非常に厳しい状況が続いています。

かねてより、若い男性がコロナワクチン接種を受けると、心筋炎を発症することが報告されていましたが、一度心筋炎が発症すれば、一生回復することはなく、いつ心臓発作が起こるか分からない中で生活しなければなりません。

○ファイザーやモデルナ製ワクチン接種後、心筋炎を発症する若い男性が想定以上に続出 これでも“陰謀論”と言えるのか?

○WHOが18歳以下の若者はコロナワクチンを接種すべきでないと発表するも、日本の政府もマスコミもガン無視

このようにスポーツ選手たちにとって、コロナワクチンを接種することは選手生命そのものを奪い取る行為だと言っても過言ではありません。

しかし、“専門家”と呼ばれる東京歯科大学市川総合病院の寺嶋毅教授は、このような一件があってもなお「過度に接種を恐れる必要はない」と、相変わらず寝言のような発言を繰り返しているようです。

寺嶋毅教授

コロナワクチンは免疫を作り出す効果もないどころか、内臓の機能を破壊してしまう恐ろしい毒物に過ぎません。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

たった一度の安易な選択が自分や家族の命を奪い、あるいは一生重篤な障害を抱えて生きなければならなくなる恐れがありますので、絶対に接種するようなことがあってはいけません。

○コロナワクチンを接種した動物は全て死亡 ワクチンの安全性と有効性は証明されていない

○コロナワクチン接種で751人の死亡が確認されるも、厚労省は接種との因果関係を“一件”も認めず

○福岡市議会議員・森あやこ氏 政府が死者の出ることを想定してコロナワクチン接種を進めていることを暴露

○【進む人口削減】アメリカでコロナワクチン3億3000万回接種で有害事象41万件、死亡6985人

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 初めまして、最近三浦春馬くんの件を通して、この動画にたどり着きました。
    拝聴(拝観)させて頂いております。
    ツィターは、三浦春馬くん、創価学会、安倍晋三、皇族で色々とツィートしていたのですが、昨年末頃に突然凍結されてしまいました。三浦春馬くん関係をツィートしていた春友さん方も数人凍結されたそうです。
    昨年以降、凍結解除はされておりません。
    当時何が原因か分かりませんでしたが、他の皆様の動画を
    拝聴して、遅蒔きながら知ることになりました。

    こんなに日本国が複雑で、恐ろしい現状になっている、、何を信じて良いのか?解らなくなりました。李家・秦氏以外の方々はこの政界、経済界にいらっしゃいますか?
    それとも、日本人の血をひく優秀?な人物はいないのでしょうか?

    此れからも動画を気を引き締めて聴かせて頂きます。
    ありがとうございました。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment