RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【田布施人脈】明石家さんま、「ワクチンは一度も打ったことがない」「コロナワクチンは打たない」と明言

お笑いタレントの明石家さんまが15日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ・ヤングタウン土曜日で「コロナワクチンを打たない」と明言していたことが分かりました。

明石家さんまは、「僕は打たないつもり。誰かに回してあげたい。俺は打たないからね」「ていうのは、今まで菌にかかったことないから。1回もないんですよ。ここでワクチン打つと、体が変わってしまうんで」「打ちたい人は打って。俺らみたいに打たないって心に決めた人の分、余ってんねんから。打ちたい人から打ってええと思う」と話しています。

このように言われると、明石家さんまが自分を犠牲にして他の人にワクチンを優先しているかのようにも聞こえますが、彼は初めからワクチン猛毒であるということを知っており、だからこそワクチンを打たないと心に決め、かつ過去にも一度としてワクチンを打つことなくやり過ごしてきたわけでしょう。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

○米私立校がワクチン接種を受けた教職員を雇用しないと決定 ワクチンは“未接種者”にまで副作用を及ぼすと指摘

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○RAPT×読者対談〈第113弾〉ワクチンも薬もただの毒。論より証拠。

明石家さんまは、李徳恵と結婚した宗武志や、田布施一族である山縣有朋に似ている上級国民ですから、ワクチンの正体を知らないはずがありません。

しかも明石家さんまは、JAL123便墜落事故の飛行機に搭乗する予定だったところを、奇跡的に免れて命拾いしています。

○日航機墜落事故から34年、さんまが奇跡的に命拾いしていた過去が話題に!

恐らく李家の親戚だからこそ、あらかじめ忠告を受けて搭乗を取りやめたに違いありません。

明石家さんまが、ワクチンを拒絶するのもこれと全く同じカラクリです。

さんまは、群馬人脈の起こしたコロナ茶番やワクチンの危険性を知った上で、「打ちたい人にワクチンを回してあげたい」などと美談を語り、善人を装いつつ自分の命を守り、代わりに庶民たちをワクチンで殺そうと企んでいるわけです。

そもそも普通の庶民は、一回もワクチンを打たすに済むことはほとんど不可能ですが、上級国民だけは一生の間、ワクチンを一回も打たなくても済むような何らかの体制が整えられているようです。

私たち庶民も、猛毒のワクチンなど一回も打ちたくはありませんので、さんまと同じく「打ちたい人にワクチンを回してあげる」と美談を語りつつ、ワクチン接種を拒否すればよいかも知れません。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment