RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナ禍によって不眠で悩む人が増加中

コロナパンデミックが始まって以来、生活習慣が大きく変化したり、コロナに感染するかもしれないという不安などから、眠れなくなってしまう人が増えているそうです。

○「コロナ不眠症」が増え、注目されている業界は?

そのためか、「不眠症」というワードをネット検索する人が増えているそうです。

コロナパンデミックは、日常生活に大きな害をもたらしましたが、人々の内面的な部分にも大きな害をもたらしました。

「コロナが存在する」という世界の中で生きることで、これまで当たり前のように行っていた人々との会話、買い物、スポーツ、旅行などができなくなり、本来、心配しなくてよいことまで常に心配しなければならなくなったからです。

そういった生活を続けていくことで不眠症になり、少し眠れないというだけでも悩みの種になり、さらにもっと眠れなくなってしまうという悪循環に陥っている人もいるようです。

しかし、何度も繰り返しますが、コロナパンデミックは存在しません。

イルミナティがコロナパンデミックをでっち上げたのは、大きな恐怖をばらまいて、人々の思考を停止させ、経済を破壊し、そのタイミングを狙って企業や不動産を買収していくためです。

これが、コロナパンデミックの本当の目的です。

ですから、コロナ禍がきっかけで不安が増したり、ストレスを感じたり、不眠が続いている、というようなことがあれば、創価学会をはじめとするイルミナティにまんまと嵌められてしまっているということになります。

私たちは、コロナが存在しないことを初期の段階から分かっていましたので、コロナのせいで害を受けるということはほとんどありませんでした。

そして、RAPT氏がこの真実を暴いてくださった上で、常に不安も心配もなく生きられる方法を教えてくださってきました。

同時に、頭の中に間違った考えや不安、心配が溜まった状態で生きることがどれほど危険なことなのか、ということも分かりやすくお話してくださり、その解決方法も詳しく教えてくださってきました。

○RAPT有料記事2(2015年8月10日)考えが運命を左右する。

考え一つで人生が大きく変わります。

ですから、今日からでも私たちは生き方を変えられます。

コロナ禍で悩みや不安が増えてしまったという方はぜひ一度、RAPTブログをお読みになって、頭の中にある情報を今一度きちんと整理してみてください。

それだけでも、余計な心配や不安から解放されて、喜びと希望の中で生きられるようになるはずです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment