RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

神様の下で行う断食の効果〜肉性を削ぎ落とし、霊性を高めることで、人生が大きく発展する!〜(十二弟子・NANAさんの証)

私は、キリスト教への信仰を持つことで初めて「断食」というものをするようになりました。

信仰を持つ前までは、食べることを制限するなんて、自分の中で考えられないくらい常に食べることが好きで、家にいたら1日のうち、食べ物や飲み物の何かしらは口にしていました。

そんな私も信仰を持ち、御言葉を学ぶことで、神様とつながる重要性を考えるようになりました。

神様と常に24時間つながるためには、自分の霊魂が神様から力を受けて、自分の霊魂の考えていることを理解し、その霊魂が求めている通りに生きれるようになることが重要だと。

御言葉でも教えてくださっているように、人間には霊と心と肉があり、肉体と霊体はそれぞれ別々のものを求めています。

肉体は食事をしなければ倒れてしまうし、霊体は御言葉を聞かないと倒れてしまう。

また、肉体は呼吸をしなければ窒息してしまうし、霊体は祈らなければ窒息してしまうのです。

そして、自分の霊が常に力に満たされているなら、霊の考えが自分の脳に常に浮かび、もっと祈りたいとか、もっと御言葉を聞きたいとか、もっと人々が救われるようにしたいという風に考えて、その考え通りに行動するようになります。

まさに、その霊の考えは神様と一体となった考えであり、神様がもっとも喜ばれる考えです。

しかし、頭ではそのことを理解できていても、なかなか24時間、神様とつながっている感覚が持てず、どうしたら24時間、神様とつながることができるのだろうか…と限界を感じていました。

そんなときに、神様はRAPTさんを通して、御言葉を与えてくださいました。

〇RAPT朝会2021年3月分
2021年3月12日(金)
徹底的に肉性をなくし、霊性を強めなさい。その上で義の条件を立てるなら、あなたは霊的に早く成長し、肉性に邪魔されることなく、主の考え通りに生きて、主の御心を壮大に成すことができるようになる。

この御言葉の中で、「徹底的に肉性をなくし、霊性を高めなさい。そのために断食をした方がいい」とおっしゃり、愛媛の教会のメンバーに対して、3日間の断食をするようにと御言葉を宣布してくださったのです。

神様の下での断食は、ただ食べないというだけではなく、心を込めて祈ることが重要です。

肉体の欲求である飲食を断ちながら切実に祈るので、神様はその努力を見てくださり、力や悟りを与えてくださいますし、祈ったことも強力に叶えて下さいます。

実際、断食をした次の日はいつもよりも祈りが深くなったり、日中の仕事もとても爽やかな気分で、余計なことを考えず、仕事に集中できます。

しかし、肉性の強い私にとって、それだけではすぐにまた、2日、3日と経つうちに肉性が強まり、霊性が弱くなり、自分の霊魂が何を求めているのかよく分からなくなるのです。

RAPTさんは常に24時間、神様とつながっていて、私もRAPTさんのお話を聞いていると、全てに神様を感じます。

そんなRAPTさんと自分はなぜこんなにも違うのか、なぜ私はRAPTさんのように24時間神様とつながることができないのかと、いつも自分に対してもどかしい思いをしていました。

少しでもRAPTさんに近づき、もっと24時間神様と繋がりながら、全てのことを行えるようになりたいという思いで、3日の断食に取り組みました。

その3日間は、体力的にも精神的にもとても辛かったのですが、「とにかく霊性を高めたい!」という思いで必死に祈りながら過ごしました。

すると、神様が喜んでくださったのか、3日目が過ぎた後、自分の霊魂が元気になった感覚があり、何をするにも前向きな気持ちでできるようになり、自信が湧いてきました。

しかもその後、お祈りをする中で、少しずつ霊感や構想をいただけるようになり、神様のためにどのように働いていけばいいのか、具体的に神様からアイデアをもらえるようになりました。

「肉性を削ぎ落とすこと」は、今まで自分にとって一番苦手なことでしたが、神様はそんな私のことを全て分かっていらっしゃって、こうして断食によって肉性をなくせるように導いてくださったことが本当に感謝でなりません!

これからは、24時間耐えず神様と繋がって、神様からたくさんの構想を受けて、RAPTさんのように神業を成せるように、さらに努力していきます。

そして、もっともっと多くの人々が神様と出会い、神様と24時間つながって生きられるように心からお祈りしています。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment