RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【ワクチンの意味とは】ワクチン2回接種後の感染「ブレイクスルー」多発

米疾病予防管理センターによると、米国では2021年4月20日時点で8700万人以上が新型コロナウイルスワクチンを2回接種しており、そのうちの7157人が接種後にコロナに感染していたことが分かりました。

このようにワクチンを接種したにもかかわらず、コロナに感染することを「ブレイクスルー感染」といいます。

アメリカのロックフェラー大学の研究チームは、今回のブレイクスルーはコロナウイルスの変異株によって引き起こされたとしています。

しかし、ブレイクスルー感染した患者は、コロナに感染してもワクチンのお陰で軽症で済んだとのことで、相変わらず「ワクチンを打ったことで病になったけれども、ワクチンを打ったことで重病に至らずに済んだ」と、またしても適当な作り話を発表しています。

コロナが嘘だと世界中で叫ばれている中、イルミナティは未だにこうして「コロナの変異株は恐ろしい」「ワクチン接種が重要だ」などと報道し、庶民を騙して洗脳しようとしているわけです。

ここのところ、ワクチンを2回打った後にコロナに感染したという報道が急増していますが、ブレイクスルー感染を起こすリスクがあるなら、最初からワクチンを打つ意味がありません。

第一、コロナウイルス自体が存在しないので、当然、変異株も存在しません。

ワクチン接種後にコロナのような症状が出るのは、ワクチンに含まれるウイルスや毒物が原因であることももう既に分かっています。

○【猛毒】コロナワクチン接種2回目で副反応が大幅増加

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

また、今回のブレイクスルー報道は、ロックフェラー大学が発表した情報が元になっており、ロックフェラーといえばイルミナティの13血流の一つです。

今回の報道で、ロックフェラー家も創価学会のコロナ茶番に加担していることが分かりました。

毎日のようにコロナに関する報道がひっきりなしに流れていますが、ワクチンを打たせようとあれこれ企むイルミナティの茶番にはもう付き合っていられません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

【特集】ワクチンの危険性を知るために

ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露
ワクチンは人口削減を行うために製造された毒薬に過ぎないということを、これまで何度も述べてきましたが、ワクチンに含まれた水銀には、人間の脳を破壊する強力な毒性があります。 しかも、ワクチンに含まれる水銀の量は年々増加しており、それに伴って精神...