RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

Twitter、Clubhouseの買収交渉が決裂

米Twitterは、音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」の買収に向けて交渉を進めていたと伝えました。

企業価値を約40億ドル(約4400億円)と見積もって話し合いを進めていましたが、交渉は成立せず、協議はすでに終了しているそうです。

Twitterの広報担当者も、Clubhouseの担当者もコメントを控えているといいます。

Clubhouseを開発したのは、元Google社員のポール・ダヴィソンとローハン・セスであり、二人は、2020年2月に「アルファエクスプロレーション(Alpha Exploration)」を共同で創業しています。

そして現在、Clubhouseはイケハヤやマナブなど、庶民を騙す「詐欺師系上級国民」が集う場となっています。

Googleの創業者ラリー・ペイジは創価信者としても有名であり、外部だけでなく、Google社員に対しても、創価学会に都合の悪い情報が広まることがないよう、徹底的に言論弾圧してきたことが明らかになっています。

そのラリー・ペイジの横暴さに耐えかねたGoogle社員たちは、労働組合を結成し、経営陣と戦う姿勢を見せています。

今回Clubhouseを買収しようとしたTwitterも、数々の言論弾圧を行なってきました。

Twitter社の外部取締役の李飛飛も、元Google社員ですが、今回のClubhouse買収は彼らの無力さを露呈する結果となりました。

悪を行なって栄えてきたイルミナティは、一つになろうとしても、少しでも利害が一致しなければ、決して一つになることができず、栄えようと思っても栄えることができないので、どんどん統制を失い、衰退していく一方です。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment