RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

南アフリカが国家崩壊 コロナ対策で生じた貧困により大規模な暴動・略奪

南アフリカではコロナ対策による厳しい行動制限が原因で、深刻な貧困状態に陥った庶民が各都市で暴動を起こし、国家が崩壊しています。

これまでイルミナティは、アフリカ人を価値のないものと見なし、真っ先に人口削減の対象としてワクチン接種などを実施してきました。

○イルミナティが人口削減について会議している映像がネット上に流出

○コロナワクチン接種を不要としたブルンジ、タンザニア、ハイチの大統領が3人とも死亡 イルミナティによる暗殺の可能性大

さらにコロナ禍に乗じて、厳しい行動制限を敷き、人為的に貧困を深刻化させ、庶民が食料や物資を奪い合うしかない状況に陥れたのです。

南アフリカでは現在、群衆と警官隊が衝突し、既に72人もの死者と数百人もの逮捕者が出ているそうです。

○コロナワクチン接種を不要としたブルンジ、タンザニア、ハイチの大統領が3人とも死亡 イルミナティによる暗殺の可能性大

イルミナティどもはこうしてコロナを利用し、国ごと破壊してアフリカ諸国の人々を殺戮しようと図っているわけですが、この暴動を誘発した犯人どもが、私たち日本人に対しても行動制限や店の営業時間短縮を強い、同じように貧困に陥れようとしています。

徹底的に彼らに抗い、一刻も早くコロナ茶番を終わらせなければなりません。

そして、より一層強力にイルミナティの滅びをお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment