RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【さらに追い詰められるGoogle】米37州当局がGoogleを提訴、アプリ市場で独禁法違反

アメリカの37の州と首都ワシントンの司法当局は7日、Googleがスマートフォンなどのアプリ市場を独占しているなどとして、独占禁止法にあたる反トラスト法違反で連邦地裁に提訴しました。

Googleは、スマートフォンなどの基本ソフト「アンドロイド」で、自社のアプリ配信サービス「グーグルプレイ」を提供していますが、司法当局はGoogleの制限によりアプリの開発業者などが事実上、「グーグルプレイ」以外を使用することが困難な状態だと指摘しています。

また司法当局は、Googleがアンドロイド上のアプリ配信とアプリ内の商品販売で独占的地位を維持するために違法な手段を用いたとし、結果としてプレイストアから「莫大な利益率」を確保したとも主張しています。

提訴を受けGoogleは、「他社のアプリストアを利用することも可能だ」などと反論しています。

アメリカでは、当局による巨大IT企業への圧力が強まっており、Googleが競争を妨げているとして提訴されるのは、去年10月からこれで4件目となります。

○【加熱する秦氏と出雲の争い】トランプ前大統領、Google、Facebook、Twitterの3社を相手取り集団訴訟

○【アメリカ】創価企業GAFAへの圧力が強まる 超党派議員らが独占禁止法改正案を提出

このようにGoogleは日を追うごとにアメリカ国内で着実に追い詰められており、世界各国でも続々と提訴されり、政府から制裁を受けたりしています。

〇Google、英大手デイリーメールの親会社から提訴 世界一の嫌われ者へ

〇強まるGoogleへの圧力 巨大IT新法の対象に「ネット広告」追加

〇【フランス】オンライン広告で自社を優遇したとして、グーグルに約290億円の制裁金

これまで創価学会から絶大な庇護を受けてきたGoogleですが、今やその創価学会も衰退し、何より彼らが行ってきた悪事がバレてしまったので、世界中から忌み嫌われるしかない存在へと成り下がってしまいました。

また、世界的に秦氏・ロスチャイルド本家の勢力も盛り返してきているため、出雲族サイドのGoogleが追い詰められるのも時間の問題と言えるでしょう。

いずれにせよ、Googleのようにコロナ茶番や人口削減計画に加担してきた悪徳企業は、厳正な裁きを受けて滅び去ってもらわなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment